何でサガンが勝てなかったのか

 2020 J1リーグ 8 FC東京対サガン鳥栖(3-2)

 雑観ですが、何でサガンが今まで勝てなかったのか疑問に思うほどサガンが良い試合をしていました。

 4-4-2で粘り強い守備と何とか後ろから繋ぐ攻撃。これだけやれるならばもっと早く勝ち点3は取れたはずです。クラブ経営は無茶苦茶でも、ピッチのサッカーはかなり真摯。

 FC東京はなかなか自分達のやりたい事が出来ません。というよりサガンのブロックの前になかなか上手くいかないシーンが頻繁でした。

というかオルンガ

 2020年 J1リーグ 第7節 柏レイソルベガルタ仙台(5-1)

 雑感になりますが、とにかくレイソルのオルンガ。というかオルンガ。

 あんなに楽に点取ってくれたら、周りも楽で仕方がないでしょう。というか、何でこのクラスの選手が日本(しかも去年は2部)にいたのでしょう。

やっぱり4-3-3は難しい

 2020年 J1リーグ 第5節 FC東京浦和レッズ(2-0)

 結果は2-0でしたが、前半良いサッカーをしていたのはレッズでした。

 4-4-2でしっかりとブロックを作って奪ってカウンター。少し前に急ぎ過ぎな部分はありましたがFC東京に何もさせないまま前半は終わろうとしていました。前半45分のディエゴ・オリベイラのゴールまでは。

 先制されたレッズはますます攻め急いでカウンターを受けるシーンが頻繁。パスミスからアダイウトンに持ち込まれたゴールで勝負ありでした。

 レッズは悪くなかっただけに引きずらない事が大事になりそうです。

 しかし、FC東京の4-3-3はあまり機能していませんでした。守備時に中盤の3枚の負担が大き過ぎる。アンカーの橋本選手の守備能力に依存した戦術のため彼が移籍した以上、システムは4-4-2に戻すべきでしょう。

 しかし、FC東京のブラジル人FWは強力です。試合展開とか関係なく無理やりゴールをこじ開けるのですから。

家長大暴れ

 2020年 J1リーグ 第4節 川崎フロンターレ柏レイソル(3-1)

 前半はフロンターレが大暴れしました。フロンターレの選手がサイドで三角形になりパスを回すとレイソルの選手は全くボールを奪えません。失った後のボール回収もとにかく上手く、ワンサイドゲームでした。

 その急先鋒が家長。この試合は家長が大暴れとしか言いようがないくらい大暴れでした。とにかくフリーになる動きが素晴らしく、ボールを持ったら奪われない。右サイドバックの山根とのコンビでチャンスをひたすら作って、コーナーキックからのヘディング、利き足ではない右足のミドルとらしくないゴールが取れるのは好調な証。

 後半は選手を交代してレイソルもある程度持ち直したのですが、いかんせん今のフロンターレにとって2点(後半直ぐに追加して実質3点)は大きすぎるリードでした。1点返しただけでも凄いと言うべきか。

 前節の4点に続き今節も大爆発のフロンターレ。ジェジエウの怪我は気になりますが、本当に強いです。今季も優勝争いするのは間違いないでしょう。今日の試合でも相手に押し込まれて引いて守るとちょっと弱いのかもしれませんが、フロンターレを90分押し込め続けるチームはJリーグにはありませんからね。

 レイソルはオルンガと2列目の距離が遠すぎる。大黒柱のクリスティアーノがしばらく出場出来ないならば、システムを4-3-3ではなく4-4-2か4-2-3-1にしてオルンガの側(セカンドストライカーやトップ下)で江坂がプレー出来る状態を作った方が良いと思います。

アントラーズ酷い

 2020年 J1リーグ 第2節 川崎フロンターレ鹿島アントラーズ(2-1)

 待ちに待ったJリーグ開幕。さっそく黄金カードで楽しみにしていたのですが、正直イマイチな試合になってしまいました。

 とにかくアントラーズが悪すぎでした。アントラーズと言えばシンプルな4-4-2の守備とそこからのサイド攻撃。セットプレーの集中力と試合展開に応じたボール運びと当たり前を当たり前に行う事が強さなのですが、今日はそれを全く感じられなかったのです。

 2トップのブラジル人選手はまだチームに馴染んでいませんし、バックラインのマークの受け渡しもイマイチ。何より一番得点を期待できたのが高卒新人の染野選手の時点で無理があるでしょう。染野選手は2024年パリ五輪代表どころかフル代表すら狙う力はある選手ですが。

 とはいえフロンターレも完成は遠い。今季はシステムを4-3-3にして変化を求めているのですが、守備のブロックの組み方が問題あり。特に今日は右ウイングの家長選手の裏にボールを運ばれて3人の中盤のスライドが間に合わないケースが頻繁。守備時には4-1-4-1、または4-4-2にセットする形に調整するべきだと思います。

今更、スパロボX

 スーパーロボット大戦Xスイッチ版をクリアしました。ビギナーズモードでifエンド(真エンド?)です。

 スパロボシリーズをやるのは初代α(PS1)以来なのでそれこそ20年ぶり。

 わざわざ20年ぶり、しかも最新シリーズのVXT3部作(全てスイッチ移植版が出ている)の中から真ん中をやったのは単純に女性主人公のアマリの可愛さ。佐藤聡美さんのCVも相まってそれだけでプレイする価値があったというものです。

 久しぶりのスパロボは基本的な部分は変わって無い事とシステム周りが抜群に遊びやすくなっている事を上げておきます。こんなに遊びやすいと、昔の第4次とか絶対に遊べないですよね。

 しかし、ガンダム組が使いづらい。回避壁としてはヴィルギスやビルバインに勝てず、火力はスーパーロボット系に勝てず、マップ兵器はサイバスターに勝てず。長い射程で削るくらいしか出来ないのは私のプレイングが下手くそだからとしておきます。

 というかサイバスターが強すぎる。初回生産版ではないからサイバスターは中盤での加入でしたが、序盤加入ならばクリア時間が数時間レベルで短縮されるでしょう。それほど強い。

 テレビゲームにおけるシミュレーションRPGというジャンルは結局、元祖のファイアーエムブレムスーパーロボット大戦しか残らなかったというのはやっぱりこのジャンルはコアゲーマー向けで大衆向けでは無かったということなのかもしれません。

 スパロボシリーズは来年30周年という事でおそらく新作が用意されると思いますが、おそらくVXT3部作の4作目みたいな作りになるのでしょう。永遠の焼き直し。それがスパロボの良い所であり悪い所であるのですから。

春アニメ2020

 2020年の46月の視聴するアニメ・特撮・ラジオです。もう6月ですが。

 春アニメ2020

 ・仮面ライダーゼロワン(継続)

 //全体的に雑。

 ・ULTRAMAN(地上波放送版)

 //面白いけど、CGがちょっと不気味

 ・フルーツバスケット 2nd Season

 //透くんの闇をどう描くのか

 ・かくしごと

 //ちょっとカットし過ぎですが、終わらせるという気概は素晴らしい

 ・ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE 2

 //18話で中断。かなり気合の入ったメカ描写が素晴らしいだけに残念

 ・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・

 //最高。他に言うことはなし

 来季(2020年夏アニメ)は延期ばかりで見たいものがありません・・・


 春ラジオ2020

 ・堀江由衣の天使のたまご

 ・A&G TRIBAL RADIO エジソン

 ・コムチャットカウントダウン

 ・田村ゆかりの乙女心症候群

 ・水瀬いのりMELODY FLAG

 //何年も変わってないですね。

今更、宇宙よりも遠い場所

 私の加入している通信キャリア系有料アニメ配信アプリで「宇宙よりも遠い場所」を見ました。

 2018年の冬アニメ(1月から3月)はおろか2018年の中でも最高傑作と言われているのは伊達ではありませんでした。リアルタイムで見なかった自分を恨みます。2018年冬アニメは7本見ていたのでそれどころじゃなかったのですが。

 確かに最初の2話までは若干イマイチな部分はありました。しかし、3話で評価は一変。後は最高傑作の名を裏切らない至高のアニメとなりました。

 特に最後の4話の友情編はもう凄すぎるでしょう。作品として全く隙がありません。もう、言葉は不要でしょう。見ればわかる。それだけで十分です。そしてこの作品には続編も不要です。もうこの13話で語り尽くしたでしょう。

 2020年になったけれど、見ることが出来て本当に良かったです。やっぱりアーカイブって大切です。過去の名作をこうやって見る事が出来るのですから。

今更、やがて君になる

 私が加入している通信キャリア系有料アニメ配信サイト(この書き方なんとかならんかな)で「やがて君になる」を視聴しました。
 この作品の本放送だった2018年秋クール(10月から12月)は本当に忙しくて、リアルタイムで見る余裕なんてありませんでした。
 原作コミックス自体は評判があまりにも良いので去年の間に購入し飽きるほど読んでいたのですが、アニメ版は毎週の新作を見るので精一杯で今回のGWでやっと視聴。なので感想はコミックス・アニメ両方の内容を混ぜたものになります。
 身も蓋もない言い方をすれば、この作品はコミックス・アニメ共に最高としか言えません。百合・GL系の作品としては最高峰の作品と断言出来ます。ただ、初心者向けとは言えないのでこれを初作品にするのはちょっとお勧め出来ませんが。
 この作品は普通の恋愛ものは【特別ではない私】を【特別なあなた】が見つける、というのがセオリーであるのを、それを逆手に取って【誰も特別に思えない私】と【みんなが自分の事を特別と言ってくれるけど本当はそこから降りたいあなた】が出会った、という形で書いているのですよね。だからクラシカルに見えるけど新鮮です(故にこの作品は初心者向けではない)。
 アニメ一期はコミックス全8巻の5巻の前半部分で終了。二期をやればちょうど良く最後までやれるとのこと。今の状況では難しい事はわかりますが、それでも二期をやってほしい。結末をアニメで見たいのです。
 最後に。主人公の侑に第一話でフラれた男の子が不憫でなりません。侑の話を聴く限り、その男の子と侑の関係はどう考えても初々しい中学生カップル以外の何者でもない。その男の子をフッたことで物語が始まるのですが、ちょっと可愛そう過ぎます。

俺はお姉ちゃんを攻略したいんだ!

 ゲーム・幻影異聞録#FE Encoreをクリアしました。WiiUの頃から気になっていましたが、今回のSwitchリメイク版が出たことでようやくプレイ。
 ゲームの出来としては文句はありませんが、何でメインヒロインつばさの「姉」の彩羽さんのイベントが無いのでしょうか。WiiU版からそうらしいのですが、せっかくのリメイクなのですからサブイベントとかでカバーしてあげても良かったではないですか
 2020/6/27(土)にプレミアムライブ(チケットは取れませんでした・・・)との事ですが、果たして開催出来るのか。オフィシャルサイトではまだ中止の発表はありませんが・・・
 追記・4/27に中止の発表がありました。

2020年冬アニメ感想

 アニメ マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
 放送2020/1〜2020/3 全13話 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 2010年代のスタンダードとなったアニメ、魔法少女まどか☆マギカ。2010年代は数多くのまどかフォロワーと言われる作品が生み出されて来ました。
 そして2020年。スマホゲームのアニメ化とは言え久しぶりの新作という事で期待に胸を膨らませていたのですが、悪い意味で無難な出来に終わってしまいました。
 主人公のいろはと仲間達が心の傷を克服していく姿は素晴らしいものですが、やはりフォロワーのフォロワーを超えたモノでは無いのですよね。
 この9年でまどか⭐︎マドカは専門のコミック雑誌まで発売されて(現在は休刊)、目ぼしいテーマは書き尽くされてしまったのも大きいですね。
 アニメは2期が確定。放送予定が立てられない厳しい状態ですが、2010年代を席巻した魔法少女のオリジナルの意地を見せてほしいと思います。
 
 アニメ 虚構推理
 放送2020/1〜2020/3  全13話 評価5.5(10点満点6点が及第点)
 本来ならばもっと評価は高くなる作品です。ですが、私はコミック版を購入している好きな漫画だったから正直かなり残念な作りになってしまったと書いてしまいます。
 何よりセリフとシーンのカットが酷い。そこまで重要ではないけれど作品に深みを与えてくれるシーンをかなりカットしています。
 ここまでカットするならば何故コミックスの時系列を変更してまで2・3話の大蛇編を捻じ込んだのか。この作品は面白くなるのが中盤だから、3話までに話のヤマを作りたかったのかもしれませんが。
 出来は良いだけに小さなアラが目立ってしまいますし、それが凄く残念でなりません。
 
 アニメ ちはやふる3
 放送2019/10〜2020/3 全24話+総集編1話 評価8.5(10点満点6点が及第点)
 2010年代のベストアニメは何か、と聞かれたら私は間違いなくちはやふるシリーズを選びます。1と2、そして今回の3合わせて75話と初見さんにはかなり厳しい部分がありますが間違いなくその価値はあります。今回も本当に楽しい半年でした。
 しかし、2から6年経ってようやく3というのは流石に待たせ過ぎです。もう3年くらい早く放送して欲しかったのですが(確かにこの期間に実写映画とかはやっていますが)。
 最後までやるにはちはやふる6くらいまでやらないといけません。私は見続けるつもりですが、出来れば4はあまり待たせないで欲しいところです。

見にくい

 NHKBS1ヴィッセル神戸ガンバ大阪の試合を放送していました。試合については2018-09-15のエントリーに書いています。
 しかし、イニエスタ追跡ビデオで画面を3〜4分割した結果、画面が見にくくて仕方がありませんでした。
 試合もイニエスタが交代した後にタイムワープで終了。何がなんやら。
 ヴィッセルはここから一年四ヶ月で良く天皇杯優勝出来たのは単純に凄いと改めて思いましたよ。

ちゃんとした試合だった開幕戦

 NHKBS1Jリーグ開幕戦のヴェルディ川崎横浜マリノスの試合を観戦。
 27年前の試合なのですからどれだけレベルが低いのかと思っていましたが、想像以上にきちんとしたサッカーをしていました。
 コンパクトな陣形による守備と後ろから丁寧に繋ぐパスサッカーで攻撃というのは今と全く変わりませんし、最前線からの守備も両チーム共しっかりだったので、最近の試合と比べても酷いとは思いません。
 中盤から前の選手のポジショニングが滅茶苦茶でヴェルディのラモスなんか左のサイドハーフのはずなのに右にふらふら現れるシーンが頻繁。他の選手もどこのポジションの選手ですか、という様なシーンはありましたが、それを差し引いても良い試合でした。
 実況の山本浩さんも含めてJリーグはちゃんと始まった時からJリーグだったという妙な感動をすら感じた再放送。価値のある2時間となりました。