普通を突き詰めてほしい森保ジャパン

 サッカー日本代表がようやく2020年の初戦を迎えました。

 森保監督に批判が出ていますが、戦術は極めて普通に見えます。

 守備時には4-4-23ラインをミドルゾーンにコンパクトに保ち人数をかけて中盤で奪うか、タイミング次第でハイプレスをかけて精度の低いロングボールを蹴らせるかでボールを回収します。

 攻撃時にはボランチDFラインに下がるボトムチェンジでパスの入り口を作り、FWに楔のパスを入れてサイドに展開。2列目が前を向いてドリブルシュートやサイドからのクロス(出来れば低くて早いクロス)で勝負。

 オプションの3-4-2-1もある程度は使用の目処もついて、攻撃の打開時・守備の逃げ切り時両方で何とかなりそうです。

 代表選手がほとんど国内組で最後に中田英寿を入れて完成という時代は終わり、全員海外組で構成できる現在。フォーメーションや戦術はなるべく簡単なものにするべきですから4-2-3-1がベースになるのは理にかなっています。

 ただ、見ていてもう少しビルドアップとラストパスのパターン攻撃は用意した方が良いとは思います。

 また、現時点でのレギュラーは

 GKは権田

 DFは右から酒井・冨安・吉田・長友

 MFボランチは遠藤・柴崎

 MF2列目は右から堂安・南野・原口

 FWは大迫

 でほぼ決まりでしょう。ですが、このメンバーは結構ベテランが多い。仮にこのメンバーのまま2022年を迎えると権田・酒井・吉田・長友・柴崎・原口・大迫の7人が30歳超え(既に柴崎・原口以外は30歳超え)となります。年齢でサッカーをやる訳ではありませんが、W杯でフル稼働は正直難しい。最低でもバックアップは必須です。

 本来背番号10を着ている中島や期待のFW鈴木優馬がいれば大幅に問題は解決されるのですが、中島は所属クラブで練習に参加していない状態(がようやく終わった様ですが)、鈴木優馬ツイッターでの失言で代表は難しい状態にあります。

 おそらく現レギュラーの11人は仮にレギュラー落ちしても怪我等がない限り2020W杯メンバーだと思うので、リオ世代(2020年に24歳から27歳になる選手)は相当奮起しないといけません。

 代表チームが完成するのは極論で言えばW杯で良いのですからある程度未完成の状態でチーム作りは最後の合宿で合わせるという形が取れます。むしろ問題なのは完成形のプロトタイプを2018年の森保監督就任直後のウルグアイ戦でやってしまったのが2年経った今も悔やまれます。批判が多いのもあの試合の出来をなかなか超えられないからで。

腕時計を買う

 腕時計を買いました。

 使っていた機種は10年前に購入したもので、電波ソーラーなのですが、10年経つ(8年くらいのタイミングから何かおかしかった)としょっちゅう電池切れになって信じられない時刻を指す。しかもギミックが多いため時刻合わせがもの凄く面倒だったのです。

 という訳で何年も買いたかった腕時計をようやく購入。というわけで次の10年よろしくお願いします。

 10年前の2010-06-23や2010-08-05のエントリーで不幸の使者と書いた先代腕時計ですが、苦しい時期もありましたけど、彼と過ごした時代も決して悪くなかった、と今となっては思います。完全に動きを止めるその日までもう少し部屋にいてほしいので頑張って下さいね。

フロンターレ強すぎて

 2020年 J1リーグ 第23節 川崎フロンターレ名古屋グランパス(3-0)

 グランパスは頑張りました。必死に頑張りました。ですが、フロンターレ強すぎてそれどころではありませんでした。

 確かに流れの中からゴールを奪われなかったのは素晴らしいですが、セットプレーから効率良くゴールを決められたらどうしようもないのです。

 実はグランパスは選手構成バランスが極めて良いチームで上位にいるのも当然なのですが、このスコア。何も言えませんよね。

 フロンターレはこれでリーグ記録の11連勝。今年の優勝は間違いないと思うので、他のチームは来年の編成について考える事にしましょう。

今更スパロボVXT三部作

 今更ながら、スーパーロボット大戦VXT三部作を全てクリアしました。と言ってもビギナーズでifエンドを一周しただけですが。

 今年6月にXをクリアしたら無性にVTもやりたくなったのです。アラフォーと言われる年齢の私ですが、脳の中身は30年前から変わっていません。という訳で簡単な攻略メモ。詳しくは攻略サイトを見たほうが良いですが気になった点を。


 3作共通

 ・スキルプログラムはまず「闘争心」。有用なスキルは沢山ありますが、初期気力の上がるこれは誰に付けても効果が高い。コストの低さも含めてまずはこれを主力に投下して最大値に。

 ・機体改造は主力を5段階改造でカスタムボーナス取得優先。ビギナーズならば中盤までは5段階改造で何とかなります。武器改造も早めからやった方が良いとは思いますが現実には資金に余裕の出来てきた中盤終わりからになるでしょう。

 ・TACカスタマイズはストーリーに合わせてゆっくり上げて行けば良いと攻略サイトにはありますが、私は早めに全部解放した方が良いと思います。解放忘れの防止と最終グレードの「フォースプラス」が非常に強力だからです。闘争心との組み合わせで必殺武器連発やステージ開始から特殊スキル発動はやはり強力。

 ・ファクトリーの高級パーツは確かに強いですが、スキルやカスタマイズとの兼ね合いになるのですよね。私はカスタマイズ>スキル>パーツの優先順です。ですが、いくつか重要パーツ(Vのプチナインヘルプ、Xのブレイブカリバーとかレスキューユニットとか)があるのでそれは早めに手に入れましょう。

 ・精神コマンド「集中」の無いリアル系、「鉄壁」の無いスーパー系(クロスボーンガンダムのトビアは鉄壁持ちのリアル系なのでちょっと特殊)を壁にするのは危険。無いユニットは基本的にはフィニッシャーとしての能力に優れているのですが、運用は注意。

 ・リアル系よりスーパー系の方が全体的に優遇されています。どう考えてもVXマジンガー系の後継機、Tのゲッターの後継機は強い。もちろんリアル系でも強いユニットは居ますけど。


 1.スーパーロボット大戦V

 ・難易度は一番低いです。XTに比べると攻略要素も少ないため、初めて・久しぶりにプレーするならばこれ。

 ・大量の味方戦艦が出ますが、戦闘力が高いのはヤマトとナデシコくらい。他の艦は武装が貧弱だったり艦長の能力が低めだったりなので戦闘をなるべく避ける位置取りが求められます。

 ・多くのユニットが中盤で一時離脱。特にグレートマジンガーはかなり長い期間離脱しますので育成は後継機からで良いと思います。

 ・中盤に入るクロスアンジュのタスクで毎ターン「かく乱」連発でかなり楽になります。

 

 2.スーパーロボット大戦X

 ・女性主人公アマリの可愛さがバツグン。

 ・最終章はこの作品だけ、戦艦4隻、主人公機、通常ユニット24機と通常ユニットが1機分多いです。育成ユニット数は注意しましょう。

 ・地上マップが多いので、宇宙世紀ガンダムシリーズはイマイチ性能を発揮出来ないのでパーツでテコ入れをしましょう。

 ・中盤に入るクロスアンジュのタスク(以下略)

 ・サイバスターが強すぎる。スーパー系優遇のシリーズですが、そういうレベルの問題ではないくらい強い。


 3.スーパーロボット大戦T

 ・「集中」「鉄壁」を持っていないユニットが主力に結構います。

 ・前作までいたタスクが居ないので、かく乱連発は難しい。

 ・よって壁・フィニッシャー・支援の色分けと位置取りが少し難しくなっています。

 ・新システムのシュートダウンが非常に便利。これを実感するとVTは不便に感じます。

 

というかオルンガ

 2020年 J1リーグ 第21節 柏レイソルヴィッセル神戸(4-3)

 DFラインは怪我人続出ですが、ようやく攻撃の中心選手であるクリスティアーノが復帰してルヴァン杯決勝進出したレイソル

 今日も得点ランキングトップのオルンガが絶好調で2ゴール。江坂も2ゴールで後半7分までに4-0と絶好調の試合運びでしたが、ここから暗転。ヴィッセルが3バックに変えた後は一転してしまいます。

 レイソルは1点返された後、直ぐに交代で3バックに変更し一度は上手く対応したのですが、やはり中2日は苦しかったのかどんどん押し込まれてしまいます。ギリギリの4-3でタイムアップしてくれたから良かったですが。

 ヴィッセルは成績がいつもの様に振るわず監督交代(辞任か退任かはわかりませんが)。強力外人と代表経験のある日本人とお金をかけたスタメンを見る限りもう少し頑張っても良いはずなのに、どうしても上位進出が出来ません。元旦の天皇杯優勝のサッカーをチームとして何とか維持しないといけないのですが。

 レイソルは実は今年J1に昇格したばかり。それでルヴァン杯決勝進出と各ポジションのバランスが良い。怪我人続出のDFラインもある程度の目処が付いて、11/7のルヴァン杯決勝で勝つ様にコンディション維持に努めたい所です。

 ですが、やはりオルンガ。というかオルンガ。とにかくJリーグのレベルの選手ではありません。多分来年には移籍で日本にはいないと思うので、たっぷり今年見ておいた方が良いです。

シェフの気まぐれサラダではなく

 サッカー日本代表カメルーン代表(0-0)

 シェフの気まぐれサラダというか、出ている選手の感覚頼み過ぎる。

 昔のジーコ時代もこんな感じでしたが選手の基礎能力が上がっているから何とか試合になってはいます。

 もう少し攻撃の約束事が欲しいですね。

どうしたらいいかわからないレッズ

 2020年 J1リーグ 第20節 浦和レッズ名古屋グランパス(0-1)

 雑感です。

 前半はお互いボールを奪われたら4-4-2ブロックを作るの繰り返し。

 後半にグランパスが先制点を取ってからはレッズの苦しさが思いっきり出ました。グランパスが1-0のリードを守ろうとしてブロックを作ってカウンター待ちの状態に入るとレッズはどうやって攻撃すれば良いのかわからないのですよね。

 まともに攻撃が出来ないまま時間が過ぎていき、前がかりになった所でカウンターの突破をレッズのデンがバックチャージで止めてしまい一発レッド。レッドは厳しい判定でしたが今の浦和レッズを象徴する様なプレーでした。

 レッズは長年3バックで戦って来たのが染み付いているのが、4-4-2にフルモデルチェンジした今年も選手の動き方が3バックのままで非常にチグハグ。レッズで一番得点力のあるレオナルドがボールが来ないため前線でイライラを募らせている状態はあまりにも不健康。

 集客力のあるレッズが強くないとJリーグは盛り上がりません。何とか立て直して欲しい所ですが。

今日はアントラーズの日ではなかった

 2020年 J1リーグ 第19節 鹿島アントラーズ大分トリニータ(0-2)

 雑感です。

 今日はアントラーズの日ではなかったですね。

 前半の攻撃が上手く行っている間に1点取れれば話は変わったと思いますが、取れなかった事でトリニータのカウンターの餌食に。

 しかし、交代選手が出るたびにチームがチグハグになって行くのは大問題です。10代の選手が多く交代で出ていましたが、バランスがかなり悪かったと思います。

 トリニータはこの戦力で降格圏ではないだけで素晴らしい。我慢しながら中堅選手の育成・再生・発掘を続けて行きましょう。昔みたいに代表クラスを育てて移籍させる(今度は移籍金貰って)サイクルが出来れば面白いのですが。

違いとは

 2020年 J1リーグ 第18節 FC東京セレッソ大阪(2-0)

 仕事が遅くなりあまり見る事は出来なかったのですが、FC東京のブラジル人パワーに尽きます。

 2点目は多分、セレッソの選手に当たったのでオフサイドではないという判定だったと思うのですが、あれでセレッソの集中は切れてしまいました。

強すぎて

 2020年 J1リーグ 第17節 浦和レッズ川崎フロンターレ(0-3)

 笑ってしまうくらいフロンターレが強すぎです。

 素早いパスワークとプレッシャー。相手を揺さぶるサイドチェンジも絶品です。押し込まれた時は割り切って4-4-2でブロックを作って耐える判断もしっかりとしていますし、ベンチから出てくる選手が他のチームならばエースクラスと言われるレベルの選手なのですよね。

 というか、Jリーグレベルでは弱点らしい弱点が存在せず、負けるイメージが出来ません。優勝するための目標勝ち点が70くらいのリーグで勝ち点90は流石に難しいですが、80くらいは行きそうです。

 レッズは、この試合で評価をする事は出来ません。何しろ力の差がありすぎるのですから。ただ、ユース時代に期待されていて本来ならば今頃は代表の常連になっているはずだった中堅層が選手として小さくまとまってしまったのは大問題。

 まだ20代の選手なのですからもう一旗上げてほしいです。

坂元は早く海外行くべき

 2020年 J1リーグ 第16節 横浜マリノスセレッソ大阪(1-2)

 雑感です。

 マリノスの高いラインの裏は常に弱点ですが、今日は思いっきり出てしまいました。セレッソ相手に退場者出したら難しいのは当たり前です。

 セレッソはとにかく清武と坂元。特に坂元は早く海外に行かないといけないと思います。バランスの良い選手配置と高い守備意識に変化を付けられるパサー清武とドリブラー坂元が居たら強いに決まっています。

頑張りました

 2020年 J1リーグ 第15節 FC東京横浜FC(2-1)

 格上のFC東京横浜FCは頑張りました。凄い頑張りました。

 J1屈指のカウンターを武器にするFC東京を相手に横浜FCは守備では4-4-2のスリーラインとリトリート守備を徹底。これでFC東京のエース永井の走るスペースを消しました。攻撃時は相手のハイプレスをかわす後方からの繋ぎを徹底。幸運にも先制点を取った事で完全に術中にはめました。

 前半中に同点にされたとはいえ上々の出来に喜んでいたら案の定後半に手を加えてきます。永井に代えてアダイウトンを入れて4-4-2にする事でマークのズレとプレスを修正。

 こうなってしまうとチーム力の差がはっきり出てしまいます。逆転ゴールで万事休すでしたが、FC東京のシュート精度が高ければ大量失点の可能性もありました。

 とはいえ、横浜FCは今の戦力で出来る最大限の事は出来たと思います。リーグ開始時には4-2-3-1、リーグ再開時には3-5-2、現在は4-4-2とフォーメーションの使い分けの幅が増えましたし、若手選手もある程度起用の目処も立ちました。何人かは今季終了後にステップアップ移籍も可能でしょう。

 一つずつやってチーム力を上げていくしかないのです。

今更、多田くんは恋をしない。

 私の加入している通信キャリア系有料アニメ配信アプリで「多田くんは恋をしない」を見ました。2018年の春アニメですね。

 結論から言えば物凄く惜しい佳作でした。

 第一話の段階で最終話の予想が出来て、その通りに終わる予定調和は動画工房らしい作りです。

 ですが、ラスト3話の締め方が本当に酷い。アニメなのですからラストシーンはあの形で良いのですが、大切な部分を圧縮し過ぎだと感じました。

 後、ヒロインのテレサアルドノア・ゼロのヒロインのアセイラムにそっくりなのは何故でしょう。制作会社もキャラクターデザインも声優も違うのに・・・

理想の自分にどうやって勝つ?

 2020年 J1リーグ 第14節 セレッソ大阪浦和レッズ(3-0)

 雑感です。

 きっとレッズはセレッソみたいなサッカーをやりたいのでしょう。

 バランスの良い4-4-2と選手構成。中央をしっかり閉めた守備とシンプルなサイドアタックに変化を付けられる10番。今のセレッソには清武選手がその仕事をしています。

 というより、セレッソの右サイドハーフの坂元が絶好調だったのに相対したレッズの左サイドバックの山中の守備が軽過ぎました。一昨年と去年、2年連続で日本代表に選ばれた選手なのに。

 自分達がやりたいサッカーを1レベル上の段階で相手チームが実現している場合、どうやって勝てば良いのでしょうか。

 前にも書きましたが、レッズにもう少しパスで変化を付けられる選手がいたら質は相当高くなると思うのです。

2020年春アニメ感想・特別編

 アニメ ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2

 配信2020/42020/8 13 評価9.0(10点満点6点が及第点)

 コロナの影響で中断を挟んで8月まで配信でしたが、これは本当に傑作です。

 1期の伏線を丁寧に回収。主人公ヒロトの苦悩が余すところなく語られて、その苦悩に対するヒナタとメイ、そしてイヴのヒロイン勢の役割分担も見事。

 モビルスーツというかガンプラの戦闘シーンの作画は極めて緻密としか言いようがなく、毎回の様に最終決戦の連続。

 しかし、ガンダムビルドシリーズでここまで完成度の高い「ガンダム」をやってしまうと今後の機動戦士と名の付くアナザー系(宇宙世紀シリーズ)に大きなプレッシャーになるでしょう。

 この作品を超えるアニメを作るのは非常に大変だと。


 特撮 仮面ライダーゼロワン

 放送2019/92020/8 45+特別編6 評価5.0(10点満点6点が及第点)

 令和最初の仮面ライダーはコロナで5話短縮とはいえ残念な作品になってしまいました。

 アイデアやパーツは良かったのです。AIの暴走・「道具が思考するな」と言うザイア社長・悪意の連鎖等。特に「道具が思考するな」というセリフは子供向け特撮の皮を被って現代批判を繰り返してきた平成仮面ライダーシリーズを象徴するものになり得たと思います。

 しかし、それを活かしきれないストーリー。去年末までは良かったのですよ。だけど、誰もが批判するお仕事五番勝負編は本当に酷かった。その仕事に就いている人達に怒られるのではないか、と思うくらい性格の悪いキャラクターばかり出てくるのですから。

 今年の1月から3月までの間ここまで毎週、苦痛レベルになる仮面ライダーは初めてかもしれません。

 コロナ禍の中、AIロボット・ヒューマギアがあればどれだけ世界は救われたのかと考えるほど時世にあった作品になったはずなのに。