今更、舞台やがて君になる

 私が加入している通信キャリア系有料アニメ配信アプリで「舞台やがて君になる」を視聴しました。

 2時間で話を何とか収めるために削られているのが残念ですし、ラストシーン改変もありますが概ね満足。

 原作終了に伴い完全版の舞台も予定していたのが流れて(代替となったのが2020-11-08のエントリに書いてある朗読劇)しまいましたが、その舞台には是非行きたい所です。

 しかし、やがて君になるの関連作品を見れば見るほど2018年の秋クールにリアルタイムで見なかったのが惜しまれます。

強すぎワロリン

 第100回 天皇杯決勝 川崎フロンターレガンバ大阪(1-0)

 フロンターレ強すぎでした。1-0にも関わらずガンバのGK東口が当たっていなければ5-0もおかしくない試合展開です。

 ガンバはいつものメンバーながら初めは5-4-1で耐えて最後に4バックにして得点を取るプランだったのでしょう。しかし、フロンターレが点を取って終了。

 とは言えガンバは最終盤は押し込む時間もありました。フロンターレ中村憲剛を起用したかったのでしょうけど投入出来ませんでした。

 というかフロンターレが強すぎる。Jリーグ史に残る最強チームと断言して良いでしょう。

頑張るだけでは

 天皇杯 川崎フロンターレブラウブリッツ秋田(2-0)
 ブラウブリッツフロンターレ相手に凄く頑張りました。
 必死にブロックを組んで引いて守って裏のスペースへカウンター。勝つ気があるからこそ引きこもる。
 だけど、頑張るだけではどうしようも無い事があるのです。
 とは言え、ブラウブリッツの守備はJ2でも十分やれるでしょう。一桁順位になってもおかしくありません。

2020年夏アニメ感想・今更だし夏アニメでも無いけどね

 アニメ フルーツバスケット 2nd Season
 放送2020/4〜2020/9 全25話 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 伝説の作品の第二期(ここからは初のアニメ化)はとにかく見ていてお腹が痛くなる作品でした。
 荒唐無稽な基本設定とは裏腹に虐待のディテールがやたらとリアル。
 3部作の2作目という難しいポジションで問題は何一つ解決していないという事実も含めてとにかく評価に悩む作品でした。
 というか、単品としての評価は難しいのです。Final Seasonは2021年放送なので全部終わってからこの作品の真の価値がわかるのでしょう。

最強フロンターレの本当のMVPは家長

 2020年 J1リーグ 第34節 柏レイソル川崎フロンターレ(2-3)
 いろいろあった2020年のJリーグもようやく最終節。無事、とは言えなくても最終節まで到着出来て本当に良かった。
 先制したのはレイソル。今日は4バックでスタートしてフロンターレの3トップにスペースを与えず、いつもの様にオルンガでカウンターで先制点。
 フロンターレはとにかくパスが回らず苦戦しますが、後半は家長投入。後半20秒で2失点になりますが、そこから家長が大暴れで大逆転勝利。
 というか家長。上手すぎる。ボールを持ったら奪われない。難しいプレーも平然と行う。守備は確かに緩めでそれが弱点で日本代表では輝けませんでしたが、Jリーグでは無敵と言って問題ないレベルの凄さ。
 2018年にJリーグMVPを獲得しているため今年は別の選手が取ると思いますが、とにかく足元の技術のレベルがフロンターレの中でも一つ抜けています。
 レイソルは4-2-3-1と3-4-2-1を試合中に使い分けるのが巧み。4バックの左サイドバックと3バックの左センターバックを高レベルでこなす古賀の存在が大きい。海外に早く行くべきでしょう。

やはりガンバ大阪は強い

 2020年 J1リーグ 第33節 横浜FCガンバ大阪(0-2)
 久しぶりにBS1横浜FCの試合を放送してくれるので楽しみにしていました。
 まあ、結果的には開始30秒ゴールで全てが決まってしまったのですが。
 横浜FCのやりたいサッカーはセオリー通りです。4-4-2のブロックで守り、攻撃時にはボランチの佐藤がDFラインに下がり3バックになり両サイドバックが前に出て幅を取りビルドアップをする。ポゼッション偏重なのはロングボールにあまり頼れないからでしょう。
 でもどんなに正しくても守備では一対一で勝てないからファールで止めるシーンが多く、攻撃ではなかなか楔のパスが通らない。そもそも90分のほとんどの時間0-1の状況で2位のガンバにカウンター待ちされたらどう頑張っても勝つのは難しい。
 後半は少し盛り返しましたが、パスが回ってもシュートが枠に入らない。カウンターから追加点を取られて勝負あり、となる試合展開も当然と言えば当然です。やはり得点源の松尾が怪我で今季は出場不可の状態では難しい。
 若手をしっかり育成して、同時にベテランのリサイクルという横浜FCのスタイル自体はそれなりに成功してきたので、もう少し質の高い選手を獲得出来れば上の順位も見えるのですが。
 今日で2位確定のガンバはバランスの良いチーム。なんだかんだで勝ち点65は素晴らしい。特に攻撃的ボランチのポジションを奪った山本は今後代表も狙っていける選手です。今年23歳で東京五輪世代なのも大きい。
 後はカズ。正直ゴールを望むのはどうなのでしょうか。カズは大好きですが・・・

鏡の果てに

 2020年 J1リーグ 第32節 セレッソ大阪柏レイソル(0-0)
 シーズン途中まで4-4-2系で戦っていた2チーム。しかし現在は両方とも3-4-2-1で守り、前の3人でカウンターで勝負するスタイルに変更。お互いが3-4-2-1でがっつりミラーゲームしていたら当然に点は入りませんよね。
 何よりレイソル最大の得点源であるオルンガに対する対策は見事でした。身長193センチのオルンガは空中戦も得意ですが、本当に得意なのは長い歩幅によるスピードを活かした裏抜け。そのため引いて守ってスペースを消し、クロスは上げさせない様に注意。
 とは言え、セレッソのCBマテイ・ヨニッチがオルンガに個の力で負けないのが全てだと思います。何で2人とも日本にいるのでしょうか。
 そして点は取れませんでしたが、セレッソの清武。コンディションが良くなりもう本当に止められない。もう一度日本代表で見たい所です。

おバカな子

 今日はサッカーを見に行こうと思いました。
 何といつもの要領で当日券目当てで、用意せずに。
 あらかじめ、Jリーグチケットで購入しないといけないのですよね。
 いやはや、おバカな子でした。
 本日放送のごちうさ3期の10話でココアさんがこう叫んで頭を抱えていましたが、本当にあんな感じです。

今更グノーシア

 今更ながらニンテンドースイッチ版・グノーシアをクリアしました。クリア時間は15時間でループ回数は210回という所です。
 いやはや、世間の評価に違わぬ傑作ですね。決して番人向けではありませんが。
 前半はどうやって人狼ゲームに勝つか、レベルが上がった後半は人狼ゲームの大半は勝てる状況でストーリー前半で語られていた伏線の回収に入っていくゲームデザインは見事。
 もちろんUIやユーザビリティの問題はありますし、ストーリー自体も何か強引なのは認めます。特に今までのループの結果ログが無いのが辛い。しかし、2750円でこれだけ遊べるならば大満足でしょう。
 ダウンロード購入から数週間後にパッケージ版の販売がアナウンスされたのはショックですが、仕方がないのですよね。

強すぎて

 2020年 J1リーグ 第29節 川崎フロンターレガンバ大阪(5-0)
 仕事があって後半30分からの視聴でしたが、強すぎて引くレベル。
 他チームから過度な強奪もなく地道に高卒・大卒・ユース卒を育てて、しかも攻撃的に勝つ。言葉がありません。
 というか一位と二位でこんなに差があっていいのか?