雲行き怪しく

 2017年 J1リーグ 第30節 横浜マリノス鹿島アントラーズ(3-2)

 怪我人まみれで久々の先発、そもそも久々の公式戦という選手が何人もいるマリノスではアントラーズは止められないだろうと思っていたのですが、いやはや何が起こるかわからないですね。

 大雨でピッチコンディションが悪い中、マリノスがCKから伊藤、ディフェンスラインのパス回しをカットして天野と立て続けのゴールで前半14分で2点リード。

 そこからはアントラーズがボールを保持していつも通りサイドから攻撃を繰り返して主導権を握り、前半ロスタイムに1点を返した時にはアントラーズがいつもの様に押し切ってしまうという懸念は後半の同点ゴールで確信を持ったのですが、そこからマリノスまさかの勝ち越し弾。

 両チーム共、得点はコーナーキックやミス絡みと雨の中でちょっと残念な試合内容になったのは仕方ないとはいえ、やはり良いコンディションの試合を見たかった。

 フロンターレが勝利し、アントラーズが敗戦した事で勝ち点差は僅かに2に。フロンターレが絶好調でアントラーズが勝っていても綻びが見える試合内容が多い今、まさかのまさかは十分あり得ます。

 マリノスは今日の勝利で3位浮上。去年ベテラン選手が大量移籍してどうなる事かと思っていましたが、効果的な補強と中堅選手(もう若手ではない)の抜擢で堅実な戦いをするチームに。モンバルエツ監督は優秀ではないか、と感じています。

レッズはよくこれでACL

 2017年 J1リーグ 第29節 浦和レッズヴィッセル神戸(1-1)

 中位で苦しむ両チーム。今日の試合を見る限り仕方がないな、と思わざるを得ません。

 レッズは前線の興梠にボールが全く収まりません。システムを4-1-4-1(4-3-3)に変更しましたが、ズラタンを右サイドハーフで起用するくらいなら、2トップにした方が良いのではないでしょうか。

 ヴィッセルポドルスキーが攻撃時にかなり引いて繋ぎに特化。一発で逆サイドまで振るサイドチェンジのキック力は素晴らしいですが、やはり繋ぎの仕事は他の選手に任せたい。

 両チーム共悪くは無いのですが、悪くは無いだけで、これでは上位進出は難しい。レッズはACLをよくこのサッカーで勝ち残れているなと感じました。

2017年夏アニメ感想

 アニメ レクリエイターズ

 放送2017/4〜2017/9 全22話 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 アニメ製作会社TORYCAの新作はデビュー作アルドノア・ゼロと同じ様に非常に惜しい作品になってしまいました。
 アニメやゲームのキャラクターが現代日本(2016年)に現れるというアイデアは良かったですし、ストーリーもそこまで酷評されるほど悪くなかったと思います。
 問題だったのは第2部からの新キャラクター組の掘り下げに時間を割けなかった事。また、第1話のOPが最終話のEDとリンクするとばかり思っていたのですが、それが無かった事。
 しかし、このアニメ最大の貢献は総集編(13話)でしょう。総集編にも関わらず、新規映像でネタ連発。水瀬いのりさんお得意の「感情はあるのだけど、妙に無感情に聴こえる演技」と相まって大爆笑の回に。
 今後、あらゆるアニメ作品の総集編で手を抜くと「レクリエイターズを見習え」となるでしょう。
 
 放送2017/4〜2017/9 全24話 評価7.5(10点満点6点が及第点)
 序盤から大量のセリフと難解な言い回しの連続、ぶっ飛んだ展開で付いて行くのが大変だったのですが、12話からの「ONE HAND EDEN」編からはそれまでの伏線を次々と回収しながらクライマックスへ向かう素晴らしい展開の連続。
 見た人全員が評価するアニメではありません。序盤で視聴を止めた人もかなりいるでしょう。ですが、こんなアニメもあって良いと思います。
 最後まで見て良かった。

 アニメ ナイツ&マジック
 放送2017/7〜2017/9 全13話 評価6.0(10点満点6点が及第点)
 ロボットアニメで定評のあるエイトビットバンダイ(通称財団B)の予算を使って製作した最新技術のロボットCGのお披露目。ナイツ&マジックを一言で言えばそれだけです。
 ストーリーはナレーションでカットに次ぐカット。ラノベ作品は通常ならば3話か4話かけて一巻分を消費するのがセオリーなのですが、2話程度でどんどん終わらせていきます。
 というのも、まともなスピードでやっていたら主人公機であるイカルガに出番が無いからです。
 中盤から登場したイカルガのCGアクションは凄まじい出来でテレビシリーズアニメーションでは現在の最高峰のものでしょう。
 せっかく作ったCGをこのまま眠らせるのはもったいない。2期に期待したいのですが、難しいかもしれません。

 アニメ 天使の3P!
 放送2017/7〜2017/9 全12話 評価6.0(10点満点6点が及第点)
 「ロウきゅーぶ!」作者の蒼山サグの新作です。
 前作は小学6年生がバスケをやる話でしたが、今回は小学5年生がバンドをやる話です。
 シナリオはロウきゅーぶ!の焼き増し(挫折した人間の再起)ですし、ライブ回以外の作画はかなり酷い時もありました。
 それを差し引いてもライブ演出は素晴らしいものでした。
 ただ、サブヒロインがほとんどロウきゅーぶ!のメイン声優だったのは、同じ原作者の作品としてもどうかと思います。

 放送2017/7〜2017/9 全13話 評価5.0(10点満点6点が及第点)
 シンフォギアシリーズ第4期です。はっきり言って、がっくりでした。
 ちょっと形が変わっただけでやっている事は3期とほぼ同じ。
 敵側も、もっとキチンと掘り下げればもっと魅力的になるはずですが、結局時間が足りず。
 更には5期前提のエンディングと、今までのシリーズで積み重ねた良さを木っ端微塵にする出来に。
 それでもライブチケット優先券目当てでブルーレイの売り上げは好調なのでしょう。
 1期の時には荒削りでも描きたいものがありました。だけど回を重ねる毎にどんどん儲けに走っておかしくなっていく。
 ビジネスだから仕方が無いのかもしれませんが、だとしても。
 
 

もっとマトモな

 2017年 J1リーグ 第28節 大宮アルディージャ清水エスパルス(0-0)

 残留のために敗戦は避けたい両チーム。

 お互いが4-4-2でブロックを作って奪ったらカウンターという展開。ややアルディージャの方が持たされるシーンが多かった気もします。

 ただ、とにかくお互い守備も攻撃も精度が低すぎです。攻撃はビビって縦パスを入れられないのは仕方が無いとは言え、守備のブロックも良いとは言えないと思います。

 J1残留クラスでももう少しキチンとした4-4-2のゾーンブロック守備が出来るようになれば日本サッカーのレベルは大きく上がるのでしょうが。

田村ゆかりの久々の単独ライブ

 田村ゆかり LOVE LIVE 2017 Crescend Carol 2日目
 代休取って、行きました横浜アリーナ。当日券の販売はありましたがほぼ満席。
 新曲以外はお馴染みの曲を中心に3時間45分で26曲。個人的には一番好きなアンジュ・パッセを歌ってくれて大満足。
 どうやら前日の1日目を含めれば、ライブ定番曲を完全にフォローした内容だったらしく、無理してでも1日目も行けば良かったです。
 今回のライブを見ていて、ゆかりんは結構変わったというか、年齢を隠さなくなったし、結婚願望とか平気に言うようになりました。
 「ゆかりは41歳のおばちゃんだけど、ガチ恋の人もいるんだよね。もう新しい出会いなんかないから神頼みするしかない」
 前所属の大きなレコード会社のバックアップが無くなったため、ロケもCGも安くなりましたし、バックバンドのメンバーも変わり、1からスタートとまでは行きませんが絶頂期から比べるとサポートはかなり手薄になったのではないでしょうか。
 だけど、私はそれでいいと思うのです。30代はそれこそ本当に精神的に病むほど仕事しまくったのですから、今はアビスパ城後寿を応援しながら病まない範囲でCDを出したりライブをやって何とか自分とスタッフを食べていける様にしていくべき。それがどれだけ難しいか、ゆかりん自身わかっているでしょうし。
 最後にライブを見ていて、ゆかりんはガリガリに痩せているのではないかと感じました。華奢とかそんなレベルではなくガリガリ。
 ラジオでは野菜嫌いとジャンクフード大好きを公言しているのにどうみても細すぎる(コルセットとかで締めているのかもしれませんが)。
 横浜アリーナ、舞台が分離して客席中央に移動するフロート機能なんて出来たのですね。

アントラーズは決して・・・

 2017年 J1リーグ 第27節 鹿島アントラーズガンバ大阪(2-1)

 ここ数試合、勝ってはいるものの不安定なアントラーズ。今日の試合もかなり早い時間帯にガンバのファンにゴールを決められてしまい苦しいゲームになってしまいます。

 だけど、前半中にPKで(若干疑惑)同点にすると後半ラストにCKから逆転。両方ともアディショナルタイムのゴールなのですよね。

 アントラーズは決して盤石ではないけれど、2位以下のチームがアントラーズよりも盤石度が低いから結果的にはアントラーズが有利になる。ルヴァン杯ACLも無いためリーグに全力を注げるのも大きい。

 ガンバは長年チームを支えてきた遠藤・今野にはもう過度には頼れない。日本代表選手にまで成長した井手口は海外移籍の噂があり、今季終了か来年のW杯のタイミングでほぼ間違いなく移籍とチームの過渡期にあります。

 今日ベンチに座っていたU-20代表ボランチの市丸がどこまでベテラン組に割って入れるのか。期待したいのですが、今のままでは厳しいかもしれません。

そりゃアルディージャ落ちるよ

 天皇杯 4回戦 筑波大学大宮アルディージャ(0-2)

 結果的には0-2だけど、アルディージャが降格圏にいるのは当然だと感じました。

 PKでかろうじて先制して、筑波大学のゴールはノーゴール判定で。これだけハンデがあれば勝つのは当たり前。むしろ組織の質は筑波大学の方が上だった様に感じます。

 アルディージャが本当にJ1か、と思わせるのは先制後の守備ブロックの拙さ。勝っているのだから中盤で網を張って、相手にボールを回させてパスミスを奪ってカウンターが基本なのですが、筑波大学は普通に守備陣を崩してシュートするシーンが頻繁。

 大学生相手にこれでは、J1リーグで勝てないのは当然ですよね。

あおちゃんとあやちーが可愛かったと書くまでがイベントです!by竹達彩奈

 ラゾーナ川崎で行われたプチミレディ(声優、悠木碧竹達彩奈のユニット)のミニライブを見てきました。

 4thアルバムが発売間近という事でそこから4曲。

 私は混むのと日差しが嫌なので5階に陣取ってそこから双眼鏡で観覧という方法を取ったのですが、判断ミスでしたね。ほとんど歌もトークも聴き取れませんでした。

 全体的に声優のミニライブとしてはオーソドックスな作りだったと思います。ただ、悠木碧さんはライブ中常時モニターをガン見する癖は治したい方がいい。

共倒れ

 2017年 J1リーグ 第26節 横浜マリノス柏レイソル(1-1)

 優勝するためにはこれ以上落とせない両チーム。

 試合はマリノスのキャプテン斎藤のゴールで先制した後は得意の試合潰しで時間をひたすらに空費させていきます。

 守備的な選手を投入して逃げ切りを図るマリノスのゴールを破ったのはレイソルのエース・クリスティアーノが直接FK。見事なゴールでしたが、あそこでファウルしたマリノスが迂闊だったとしか言えません。

 レイソルレイソルで大雨の中、懸命にショートパスを回すのは理解が出来ません。サイドに放り込んでも良かったのではないのでしょうか。

 両チーム共、最悪の結果である引き分け。これでマリノスレイソル共に優勝はほぼ無くなりました。来期のためにも一つでも順位を上げたい所です。

いい歳こいてこれではお話にならない

 今日は、また夕ご飯で無茶苦茶な事ばかりでした。

 ・豆腐を上手く皿に乗せられずぐちゃぐちゃに

 ・高いクッキングペーパーを使う(もう一つ上の棚に安いのがある)

 ・父と母のサラダを間違える

 ・周りを気にせずいか焼き(賞味期限切れ)を食べすぎる

 母はブチ切れているのだろうな・・・

 私だっていい歳こいてこんな失敗ばかりは嫌ですよ?

この順位で始まる神奈川ダービーは

 2017年 J1リーグ 第25節 川崎フロンターレ横浜マリノス(3-0)

 マリノスが2位、フロンターレが3位という見た目は好位置ながら首位との価値点差がマリノスが5、フロンターレが6と「2位グループ化」している中での神奈川ダービー

 試合は3-0とスコアこそフロンターレの圧勝に思えますが、そこまで大きな差はありませんでした。

 マリノスはしっかりとした守備からのカウンター。フロンターレはパス回しとお互いが長年積み上げて来たサッカー同士がぶつかり合うのだからつまらない試合にはなりません。

 マリノスの失点は全て自陣深くでのクリアミスから。フロンターレは自慢の多彩なパス回しでマリノスの守備を正面から崩す事は最後まで出来なかったのです。

 フロンターレはパス回しが武器ですが、今季は奪われてから奪い返すプレーの質の高さが目立ちます。ただ、ブロックを作ってゾーンで守備をする時の質はまだまだ。

 マリノスは松原・山中・扇原といった代表経験がありながら怪我でなかなか活躍出来なかった選手のリサイクルに成功。フロンターレとは逆にもう少しマイボール時に落ち着いてプレー出来ればもっと強くなるのですが。

 引いて守っても前からプレスをかけても守れて、ショートパスを回してもカウンターでも攻められるフロンターレマリノスを足して2で割らない様なチームが完成すれば無敵なのですが・・・

 フロンターレはこの勝利で2位に浮上。ただ、首位のアントラーズとの差は価値点差6で残り9試合。正直相当難しいと言わざるを得ません。

エグゼイド感想

 特撮 仮面ライダーエグゼイド

 放送2016/10〜2017/8 全45話 評価7.5(10点満点6点が及第点)
 平成ライダー18作目はかなりの当たりでした。
 序盤からじゃんじゃん新フォームを出していき、中盤の怒涛の展開、後半の伏線回収と素晴らしい出来。中盤はOPが無いことやレベル1を使わない事に腹を立てていましたが、その演出も後半に向けたタメでした。
 マイナスポイントはラスボスのクロノスがかなり冗長だったこと。何回もクロノス戦を見せられて、ゲムデウスがほとんど活躍ないままにクロノスと合体してゲムデウスクロノスになり、ゲムデウスクロノスを倒したらまたクロノス戦。
 テレビゲームらしいといえば、それまでですが、流石に冗長。玩具の販売のため、次作は9月スタートに変更だから4話ほど削られたから仕方がないと言えば仕方がないですが。
 ただ、夏の映画でテレビシリーズ後の真のラストバトルを描いたトゥルーエンディングや、年末のムービー大戦や、来年のVシネシリーズやらなんやらでまだまだエグゼイドは終わりません。
 というか、最近の平成ライダーは映画やVシネやら外伝やらスペシャルが多過ぎと思います。
 後、クライマックス真っ只中に次回作ビルドのおもちゃのCMを流すのはいかがなものでしょうか。

サッカー以前にダメ

 2017年 J1リーグ 第24節 ジュビロ磐田ヴィッセル神戸(2-1)

 サッカー以前に審判のコントロールが無茶苦茶で酷い試合と言わざるを得ない試合でした。

 ジュビロ中村俊輔が居なくても全員の必死のプレー。特に前線で体を張る川又と中盤でボールをキープする川辺、右サイドで上下動を繰り返す櫻内、ミスの少ないムサエフは素晴らしい出来。

 ヴィッセルは元ドイツ代表のポドルスキを補強したのですが、そもそも彼にまでボールが通らない。動き出しは悪くないのですが、そこに出せる選手がヴィッセルには居ないのが痛い。

 ヴィッセルは周りの選手も潤沢な予算で買い集めた日本代表経験のある選手がずらりと揃っているはずなのに、まともにボール回しが出来ていない。少し守備は酷くてもパス能力の高いニウトンをボランチで起用した方が良いと思います。

 昨年からしっかりとチームの力を積み上げているジュビロと、選手の移籍や怪我人があったとはいえチーム力がむしろ去年より落ちているヴィッセル

 ですが、この試合とにかく問題だったのは審判。今日は本当に酷かった。ハンド見逃しや出さなくても良いレッド。見ていて苦しい試合になってしまいました。

これはかなり難しい

 2017年 J2リーグ 第29節 横浜FC水戸ホーリーホック(1-0)

 横浜FCのスタメンはおそらく今季のベストメンバーはこれだろうというメンバー。

 やっているサッカーも4-4-2のコンパクトな守備から2トップのポストプレーを挟んでサイドへ展開と極めてオーソドックスなサッカー。

 だけど崩し方が単純で変化が少ないため最後がなかなか上手くいきません。これはエース・イバが良くも悪くも頼りになり過ぎるからです。

 イバは190センチの長身ながら足元の技術も高く、J2の得点王街道まっしぐら。だけど、イバばかりでは相手も対応してきます。今夏の補強の目玉であるレアンドロドミンゲスは今日は不調。

 対する水戸は前田大然(将来的には代表入りも狙える選手)のスピードでラインを下げさせて、相方の林の高さを使うという、技巧はないからこそのシンプルなサッカー。

選シンプルな事をシンプルにやろうとするチームと複雑な事をしようとして結果シンプルな事ななるサッカーのどちらが良いでしょうか。

 今日はたまたまコーナーキックがゴールに吸い込まれたから横浜FCが勝っただけ。というか、勝った事にしか価値を見出せない試合と言わざるを得ません。

 今季、横浜FCが昇格失敗したら、外国人選手4人とダブルボランチの佐藤・中里のコンビは移籍待ったなしでしょう。だけど今年の昇格はかなり難しいです。

今日はアントラーズの日ではなかった

 2017年 J1リーグ 第22節 川崎フロンターレ鹿島アントラーズ(3-1)

 今日のアントラーズはいつものアントラーズではなかったです。

 フロンターレの素早いプレスとパス回しになかなかカウンターにも行けない中で前半の終わりと後半の始めに失点したのも痛かった。

 アントラーズは3バックに変更するなど変化を加えて対応するのですが、慣れないことはするものではありません。ますますチグハグなサッカーになってしまいました。

 フロンターレはようやく今年の補強の目玉である家長選手が躍動。怪我がちのエースの小林が不在でも勝ち点が取れると証明したのは大きい。

 大久保という大エースが抜けて、得点力に不安があり、実際リーグ序盤はかなり苦戦したフロンターレですが、前線の4人(トップの阿部、トップ下の中村、左サイドの登里、右サイドの小林、今日は家長)が自由にポジションチェンジしながら攻撃するスタイルが完成してからは大久保に頼らないからこそ誰が出てくるかわからないためマークに付きにくく、いつの間にかゴールという形になりました。

 今日、アントラーズが勝てば優勝争いは独走だったはずですが、負けたため見事に混戦に。こうなったらどうなるかわからない。実力差があまりないので団子状態が最後まで続くのがJリーグの魅力です。