2019大阪ダービー

 2019年 J1リーグ 第12節 ガンバ大阪セレッソ大阪(1-0)

 今節に負けると最下位のガンバ大阪。今日は若手選手を抜擢し、システムを3バックに変えて勝負を賭けます。

 前半はガンバがボールを持つのですが、仕掛けのパスの精度が低いのとセレッソの守備のバランスが良く、チャンスがなかなか生まれないまま終了。

 後半10分にガンバの倉田がゴールし、それ以降はガンバが押し込む展開が続きますが、セレッソが後半5分にソウザを入れて3バックに変えているのです。結果論ですが、この采配は失敗でした。

 セレッソのロティーナ監督は3バックにしてガンバの2トップにマークをはっきりさせて攻撃力のある左サイドバックの丸橋を前に出したかったのでしょうけど、これで上手くいっていたマークがずれて失点の原因になってしまいました。セレッソは15分ほどで4バックに戻しているので、その時間帯が無ければ、どうなっていた事か。ソウザ投入は正しい選択でしたから、そのまま4-4-2を保持すべきでした。

 とはいえセレッソも悪いサッカーをやっていた訳ではありません。バランスのいい守備と長短のパスで崩すというやり方自体は間違いはありません。中心選手である都倉が大怪我で今期の出場が絶望的になってしまったのが改めて痛い。

 私は両チームの問題としてJ3リーグで戦っているU-23のチームが上手く機能していないのが、問題だと思います。確かに若手選手の多くがユース代表に選ばれてはいるのですが、なかなか彼らがトップチームに定着出来ないという現実があります。

 特にセレッソ。ダブルボランチは藤田と奥埜のコンビで手堅い仕事でチームを牽引しているのですが、ここに割って入るU-23の選手が出てこない。彼らをベンチに追いやる若手選手が出てきた時、セレッソはもう一段階強くなると思うのです。

蘇るサガン鳥栖

 2019年 J1リーグ 第11節 サガン鳥栖ガンバ大阪(3-1)

 最下位、更に10試合で1得点しかしていないサガン鳥栖と中核選手の入れ替えが進まないガンバ大阪。試合は33.6度の高い気温の中で始まりました。

 サガンは去年に続いて2度目の就任になったキム・ミョンヒ監督がサガンらしいサッカーに舵を切って再生の目処を付けました。その手腕は見事としか言いようがありません。

 一発はあるけれど、守備に不安のある外国人選手を思い切って外し、日本人選手が運動量を活かしてハイプレスを仕掛けて、最後はFWの豊田と金崎のパワーで押し切るというスタイル。その中で、左サイドハーフのクエンカの奪われないドリブル突破が変化を与えます。

 今年18歳の松岡(2024年のパリ五輪世代)は右サイドで完全にポジションを確保。本来は中盤中央の選手の様ですが、サイズの問題があるため、将来ヨーロッパでプレーするならばサイドで育成した方が良いでしょう。

 ガンバは本当にいい所がありませんでした。サガンのハイプレスに全くレベルで何も出来ません。ベテラン選手も中堅選手も若手選手もみんなどうしたらいいかわからない状態でピッチを右往左往。これは一歩間違えると降格もあるかもしれません。

 今更ですが、アデミウソンは早くヨーロッパに移籍させてあげる方が良いと思います。彼がJリーグに染まってしまうのは見たくありません。

五等分の花嫁のイベント(夜)

 五等分の花嫁 スペシャルイベント 夜の部 ライブビューイング

 司会の天津向さんが、昼の部でお客さんが写真を撮ってSNSにアップした、となかなか衝撃的な事をさらっと言って始まったイベント。生イベントはプラチナになってしまったのですが、ライブビューイングで参加です。

 メインヒロインの五つ子を花澤香菜さん、竹達彩奈さん、伊藤美来さん、佐倉綾音さん、水瀬いのりさんと超人気声優が演じた今作。5名は白を基調としたドレスを着ていたのですが、何故か花澤さんだけ花(演じた役が一花だから?)のラインが入ったドレスで私の頭は?の連発。

 イベント自体は、アニメの好きなシーンの紹介、五つ子声当てクイズ(竹達さんが見事に正解)、朗読劇(どうやら原作者書き下ろし)、ライブパートと奇をてらわないスタンダードなアニメ系のイベントでした。ただ、松岡禎丞さんが出演すると良くも悪くもあたふたする松岡さんをいじって笑いを取る方向になってしまうのですよね。

 アニメの好きなシーンの紹介では佐倉さんが、「私はずっと香菜さん推しですよ!」といつもの様に花澤香菜愛を訴えた所、水瀬さんがしょげてしまい、「昔のあんた(水瀬)は私推しだったでしょう!?何で最近は塩対応なの?私のラジオ聴いてますって言って私に話しかけたり、地下鉄でメルアドを交換したあの頃を思い出して!」と佐倉さん絶叫。

 ライブパートは内田彩さん(推しは四葉)のSign(ED)と五つ子のこぶんのいち(挿入歌)と五等分の気持ち(OP)。ただ、五等分の気持ちのカメラワークがイマイチで、歌っていない人を写すシーンが頻発。5人を写す俯瞰ショットで良かったのに・・・

 アニメ五当分の花嫁は何故か進撃の巨人とコラボ。松岡禎丞さんは「梶(裕貴)さんが『五当分にしてやる!』とか言わないの?」と面白い発言。せっかくコラボするのならただ映像を作るだけではなく一工夫が必要ですよね。

 最後は予想通りにアニメ第2期発表。原作者は引きのばしはしないと宣言し、今年中の連載終了すら予想されているので、原作とアニメ2期は同時に終了なんてどうでしょうか。

ヴィッセルは今後も優勝は難しいだろうな・・・

 2019年 J1リーグ 第8節 浦和レッズヴィッセル神戸(1-0)

 新加入選手がチームに馴染み、青木・武藤が帰って来て、ようやくベストメンバーになったレッズ。ヴィッセルは案の定監督交代。吉田監督(2回目)は今までのチームは明らかにバランスが悪かったので、守備的な選手を増やして試合に入りました。

 ですが、試合は10分であっさりとレッズ先制。ヴィッセルのDFラインのパス回しでミスが出たのを、興梠に持ち出されてペナルティエリアで倒してしまいPK。この時点で勝負ありでした。

 ヴィッセルはヴェリントンが最前線でフィジカル、小川・古橋の両サイドのスピードを活かしてチャンスを作るのですが、レッズの5-4-1のブロックを崩しきれませんでした。ヴィッセルはCKやFKがほとんどノーチャンスだったのはいただけない。

 レッズは先制してからは的確な守備で残り80分を上手く空費。こういった試合をさせれるのはオリヴェイラは天下一品ですよね。見事としか言いようがありません。

 心配なのはレッズ橋岡の怪我。今年20歳ですがレッズのレギュラー、U-20代表選手。今年のU-20W杯や来年の東京五輪の中心メンバーです。将来的には海外のプレーやフル代表も期待できるので、軽傷である事を祈ります。

春アニメ2019

 2019年の4〜6月の視聴するアニメ・特撮・ラジオです。リメイク・リブート・続編ばっかりだ!
 春アニメ2019
 ・仮面ライダージオウ(継続)
 //面白過ぎるぞ。ただ、20年見てきた人向けすぎますが・・・
 ・どろろ
 //今年のベストアニメはこれでほぼ決定でしょう。

 //実は旧シリーズ未視聴なのですよね。
 
 春ラジオ2019
 ・堀江由衣の天使のたまご
 ・A&G TRIBAL RADIO エジソン
 ・コムチャットカウントダウン
 ・田村ゆかりの乙女心症候群
 ・水瀬いのりのMELODY FLAG
 ・ご注文はラジオですか??WELCOME う・さ!
 //大量に録音が溜まっています。どんどん聴かないと・・・

いい試合だけど、怪我人が出るのは見ていていい気分にはならない

 2019年 J1リーグ 第7節 横浜F・マリノス名古屋グランパス(1-1)

 去年からパスサッカーを志向してようやく結果が付いてきたマリノスと去年の反省を生かして守備にも気を配るようになったグランパスの試合は好ゲームになりました。

 グランパスのしっかりした4-4-2のブロックにマリノスはなかなか縦パスを入れられません。グランパスはカウンターからチャンスを狙いますが、PK以外のチャンスはなかなか生まれず、マリノスはカウンターから同点に。

 後半はスペースが出来てカウンター合戦。ゴール前のシーンが増えますが、お互い精度を欠いてゴールは生まれませんでしたが、大満足の試合です。両チーム共、やりたいサッカーが明確なので見ていて気持ちが良いのですよね。

 ですが、グランパスのGKランゲラックが接触の怪我で前半中に交代というのが残念。グランパスにとって非常に重要な選手なので軽症だと良いのですが・・・

2019年冬アニメ感想

 アニメ ブギーポップは笑わない

 放送2019/01〜2019/03 全18話 評価6.0(10点満点6点が及第点)
 ライトノベルの歴史を変えた伝説のシリーズのアニメ化。2000年に一度アニメ化しているのですが、その際は外伝の様な作りでした。今回は原作準拠。ですが、これならば2クールでしっかりアニメ化して欲しかったですね。
 何より第1巻、「ブギーポップは笑わない」編をアニメでは3話で無理やり終わらせたのがマズかった。特に小説1巻の4話をばっさりカットしたのが。この話をやらないと5巻の「歪曲王」編に上手く繋がらないのです。アニメでは無理やり繋げていましたが・・・
 また、6巻の「夜明けのブギーポップ」編をスペシャルとして4話一挙放送をやるのならば、2クールの枠を取ってこれまたばっさりカットされた4巻の「パンドラ」編もやって欲しかった。
 しかし、去年のキノの旅、今期のブギーポップどろろ、2019年4月からのフルーツバスケットなど、最近は昔の作品の続編・リメイク・リブート系ばかりやっている気がします。

 アニメ 五等分の花嫁
 放送2019/01〜2019/03 全12話 評価6.0(10点満点6点が及第点)
 週刊少年マガジンに連載している作品のアニメ化ですが、原作の連載は2017年8月からなのですよね。アニメ化までに1年半掛かっていないというスピードでした。
 内容は極めて普通の週間少年漫画誌のハーレムラブコメ。冷静に考えると、季節感がおかしい(劇中は9月〜11月半ば。9月に花火大会はまだわかりますが、11月半ばの林間学校で肝試しは・・・)ですし、話の展開も正直かなり雑、何より作画が相当酷い。一部の回では他社に協力してもらい、その回の作画は極めて良いため、通常回は余計に酷いと感じます。
 しかし、そんなマイナスを弾き返すかの様な魅力的な五つ子姉妹。2010年代を代表するアイドル声優が好演。声優の声を聴きたいが故にアニメを見る、いわゆる声優アニメとしては及第点の出来でしょう。
 ブルーレイの売り上げも好調。二期放送は間違いないでしょう。イベントも案の定プラチナチケットになってしまいました。が、プレイガイド系サイトを見れば何と映画館でのライブビューイングを開催。行きますよ、そりゃ行くって。
 で、私の予想ですが花嫁は五月。二乃、三玖、四葉は無い。一花と五月ならば、一番始めに会ったというのが最後のアドバンテージになると思います。

 アニメ エガオノダイカ 
 放送2019/01〜2019/03 全12話 評価4.5(10点満点6点が及第点)
 日本アニメーション会社の名門中の名門、タツノコプロの55周年記念作品はとんでもないゴミアニメになってしまいました。
 ロボットアニメとして重要な設定自体は悪くありません、どころか極めて良く出来ています。しかし、その足を引っ張る雑なストーリー展開には閉口せざるを得ません。そして、信じられない様な作画崩壊。予算に恵まれなかったのがありありとわかります。55周年記念作品なのに。
 ゴミアニメとして切って捨てる事は簡単です。だけど、捨てきれない魅力があるのもまた事実です。上手く調理すればいくらでも面白く出来る設定だったのに、何故こうなってしまったのか。
 最後に、中盤で帝国の負傷兵を乗せて本国に戻るトラックが攻撃される、というシーンがあったのですが、どの陣営の攻撃だったのか最後まで説明がありませんでした。これだけは明らかにしてください。

お金を掛ければ勝てる?

 2019年 J1リーグ 第6節 松本山雅FCヴィッセル神戸(2-1)

 お金を掛ければ勝てる訳ではないのがサッカー、というのを絵に描いたような試合になりました。

 松本山雅の引き気味の守りと距離があっても突如襲いかかる前田大然のプレッシングにヴィッセルはなかなかボールを前に運べません。

 前半の内に松本山雅が2ゴール。両方ともラッキーなゴールでしたが、これでヴィッセルはかなり追い詰められた事になります。しかもビジャが怪我で交代。

 後半からはヴィッセルは前線にヴェリントンを入れて高いボールを入れて反撃。1点は返しましたが、反撃もここまで。予算に恵まれないクラブがお金ジャブジャブのクラブに勝つ。第三者からすれば笑いが止まりませんよね。

 松本山雅はこれで残留圏脱出。ただこの試合、後半勝っているのにカウンターを受けるシーンが何回もありました。もう少し中盤でボールを収められる選手がいないとこれからも苦しいでしょう。

 ヴィッセルはどうにも運動量が少ない様に感じます。確かに不運なゴールでしたし、引かれた相手を崩すのはどんなチームでも苦労します。ですが、どうにもあっさり負け過ぎでしょう。

 後、ヴィッセルの古橋は今年で24歳。少しでも早くヨーロッパでプレーしないといけない実力があります。夏の移籍を狙うべきでしょう。

今更ゼノブレイド2

 ゼノブレイド2、やっとクリアしました。と言っても1周・イージーモードですが。

 クリアタイムはゲーム内計測で大体35時間、トータルでは38時間というところでしょうか。去年の10月くらいにスイッチを購入して、攻略サイトを見っぱなしで約半年掛かりました。
 確かに面白いゲームでしたが、もう私には「新しいゲーム」に付いていく力は無いという事をまざまざと感じさせられたゲームでもありました。
 とにかく、複雑かつ広範な操作に付いていけません。右スティックでカメラ操作をするのに気づいたのが7話、バトルシステムをある程度理解してボスの体力を一気に半分くらい減らす事が出来る様になったのが9話。
 それまでは崖ジャンプ(そもそも崖ジャンプとはなんぞや?)を当てずっぽうで飛ぶため奈落の底にしょっちゅう落ちていましたし(使えるようで使えないマップシステムと目標まで残り何歩の表示は何なの?)、ボスがピンチの時に放つ必殺技であっさり敗北(戦闘時に画面いっぱい表示される計器は何を意味しているの?)など事故が凄く多かった。
 システムを理解した人のために用意されたアドバンスドニューゲーム、いわゆる2周目を頑張る力は私にはありません。それでもゼノブレイド3が出たら買うと思います。
 お願いしますので、任天堂はスイッチで昔のゲームをダウンロード購入出来るバーチャルコンソールを実装してください。ゲームキューブゲームボーイアドバンスのソフトを沢山買いますから。

サンフレッチェ、なかなかしぶとい

 2019年 J1リーグ 第5節 大分トリニータサンフレッチェ広島

 久しぶりにJ1へ昇格したトリニータと去年後半に大失速したサンフレッチェ

 繋ぐサッカーを志向するトリニータ。それもそのはず、トリニータの片野坂監督はサンフレッチェで2連敗の時にコーチだったのですから。

 試合はお互い3-4-2-1で完全にミラーゲームとなってしまいました。常に自分の前に対応する選手がいる状態で、ボールの動かし方も基本的に同じ。前半はシュートすらまともに打てないまま終わりました。

 後半、サンフレッチェはハイプレスでトリニータのミスを誘います。そして狙い通り後半12分にトリニータのミスからサンフレッチェヴィエイラがゴール。その後はサンフレッチェは引いて守り試合を綺麗に壊しました。このサッカーで2012年、2013年、2015年にJ1優勝しているサンフレッチェ。流石としか言いようがありません。

 サンフレッチェは怪我人続出の中で吉野、川辺、野津田の期待はされていたけれど中々チャンスが貰えず他チームにレンタル移籍していた選手がようやくレギュラーを獲得して大活躍。それ以外にもGKの大迫やボランチの松本泰史と松本大弥のダブル松本。シャドーの東と東京五輪世代の選手も次々と出てきています。今期は苦しいシーズンになるという予想でしたが、裏切ってくれそうです。

 トリニータサンフレッチェみたいなサッカーをしたいのでしょう。ですが、それを可能にするにはまだ基礎技術が足りない。理想を追うのが残留への道の様なので、我慢してやりたい事を貫き通すことが出来るのか、見ていて楽しみです。

これならW杯はいける。そこから先はわかりませんが・・・

 サッカー国際親善試合 日本対ボリビア(1-0)

 酷い試合と言われていますが、日本サッカーが今、出来ない事がはっきりしたことが最大の収穫です。

 中盤の選手をワントップに置く通称ゼロトップは無理。やはりトップにはターゲットまんが必須です。宇佐美の右サイドも改めて難しいと感じました。彼はトップ下で起用するべきです。

 久しぶりの代表になった小林祐希は安全プレーが目立ったとはいえほとんどボールロストが無く、スペインであまり試合に出ていない柴崎、大ベテランの青山、怪我がちの大島と問題を抱えた攻撃的ボランチのレギュラー争いに入ってきそうです。

 初代表の安西は凄く良かった。守りに問題はありますが、攻撃ではある程度突破をしていました。

 森保監督は4-4-2のフォーメーションで、各選手をなるべく適正ポジションでプレーさせながら戦術を作り込まない形で新しい選手を試しやすくしているのでしょう。W杯の最終予選に入るまでは今のチーム作りで良いと思います。

負け試合だからこそ

 サッカー国際親善試合 日本対コロンビア(0-1)

 負けましたがいい試合でした。

 鈴木武蔵も苦手なポストプレーを含めて良かったですし、室屋はかなりいいプレーをしていました。

 しかし、後半の南野ワントップはあまり機能せず。やはり今の日本サッカーにはCFにポストプレーをある程度こなす選手が絶対に必要です。

MBSアニメヒストリカ平成

 MBS アニメヒストリア平成

 MBSアニメイベントの決定版といえる内容です。質・量共にこれ以上のものを出すのは難しいと断言出来るでしょう。
 まず、MBSアニメの370作の中から選ばれた15作品と出演者が凄い、というか凄まじい。
 河西健吾・細谷正隆
 3.SSSS.GRIDMAN
 主題歌のみ
 梶裕貴・細谷正隆・神谷浩史
 9.マギ
 11.AngelBeats!
 主題歌のみ
 どのアニメもMBSアニメを代表するような作品ばかりです。出演者も今の日本アニメを代表する声優ばかり。更には「UNION(OxT)」、「JOJO その血の運命(富永TOMMY弘明)、「My Soul Your Beat(Lia)」、「ラブ・ドラマティック feat.伊原六花(鈴木雅之)」、「残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)」を生で聴けアニメ好きには堪りませんでした。冷静に見るとごった煮感溢れるのですが、それこそMBSアニメイベントなのでしょう。
 だからこそもっとやって欲しかった部分が目立ってしまいます。歌だけの参加もいくつもあったり(マギも実際には歌のみ参加でした)、マクロスFrontierがあり坂本真綾さんが参加しているならばトライアングラーを歌っても良いではないですか。そこは少し残念です。
 桁外れに良いイベントなだけに、DVD化や配信は一切ないのは正直どうかと思います。一切ないからだこそこんな破茶滅茶な内容が出来るのですが、だからこそ上手くカットして配信して欲しい。
 MCでは花澤香菜さんが、「リハーサルを終わった後に近くにあるイオンモールをぶらぶらしていたらイオンモールに来ている家族を見て・・・AngelBeats!から9年経ったと感じて、そりゃ私も年を取るわ」。代永翼さんが「ババアと周りから言われてきた身として、村瀬歩君には負けられない」。悠木碧さんが「私、隠していましたが、実はオタクで・・・」とこれまた凄い発言を連発。とにかく大満足の4時間。
 2002年(平成14年)10月放送開始の機動戦士ガンダムSEEDから始まったMBSアニメの歴史はそのまま、アニメビジネスの急成長の歴史でもあります。女性客で満員の巨大な会場でアニメイベントというのはそれこそSEED以降の流れでしょう。MBSマーケティングは正解だったのです。
 後、チケットソールドアウトとの事でしたが、私の前の席が8人くらい綺麗さっぱり空席だったのは何故でしょうか。

冬アニメ2019

 2019年の13月の視聴するアニメ・特撮・ラジオです。もう3月なのに・・・

 冬アニメ2019

 ・仮面ライダージオウ(継続)

 //ジオウ編になってから急激に面白くなりましたね。

 ・エガオノダイカ(新規)

 //あまり面白くないのに、見てしまう・・・何か変な魅力のあるアニメです。しかし姫様とレイラさんの背中ぱっくり衣装は冷静に見ると・・・

 ・どろろ(新規)

 //今季どころか、今年を代表するアニメになるでしょう。

 ・五当分の花嫁(新規)

 //声優の名前で視聴を決める典型的なアニメ。でも作画以外はそれほど悪くないですよ。

 ・ブギーポップは笑わない(新規)

 //夜明けのブギーポップ編一挙放送見逃しました・・・配信や再放送を待ちます。というか2クールにした方が良かったのでは?

 

 冬ラジオ2019

 ・堀江由衣の天使のたまご

 ・碧と彩奈のラ・プチミレディオ

 ・A&G TRIBAL RADIO エジソン

 ・コムチャットカウントダウン

 ・田村ゆかりの乙女心症候群

 ・水瀬いのりMELODY FLAG

 ・ご注文はラジオですか??WELCOME う・さ!

 //録音用USBメモリに何時間も溜まっています。何とかしないと・・・

復興応援試合

 2019年 J1リーグ 第3節 ベガルタ仙台ヴィッセル神戸(1-3)

 復興応援試合と位置づけられたこの試合は好ゲームとなりました。球際が激しく両チーム共シュートブロックに体を必死に投げ出す姿が目立つのですが、ダーティーなプレーは少なくカードも2枚だけでした。

 何より目立ったのはベガルタのシマオ・マテ。ボール奪取能力に優れ、パス展開技術も高い。前半はベガルタ優位で進んだのですが、後半20秒のビジャのゴールで試合の流れは一気に変わりました。

 逆転された事で、前に出るしか無くなったベガルタに対してヴィッセルはカウンターを連発。イニエスタのパスからのビジャの抜け出しが連発。

 ベガルタは去年、赤字決算だったためか主力が抜けて補強もあまり出来なかったためか、サッカー自体は悪くないのに、我慢出来ないで押し切られるシーンが目立ちます。早めに勝ち点を積み上げおかないと、降格の恐れがあるのを覚悟した方がいいシーズンになりそうです。