読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年冬アニメ感想

 アニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期

 放送2016/10〜2017/04 全25話 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 ラスト1クールの展開がぐちゃぐちゃで物凄い評価を落とした今作。作品の言いたいテーマはわからなくはありませんが、もっと整理した展開にする事は幾らでも出来たと思います。
 そもそも個人的に納得いかないのは、あくまでも一民間企業である鉄華団がこの世界の警察組織ギャラルホルンの権力争いの駒になってしまった事。
 あれやこれやで結果的に巻き込まれた部分はありますが、ローカル感溢れる紛争の積み重ねが鉄血が今までのガンダム作品と違う部分だったのでこれは大切にして欲しかった。
 マクギリスの蜂起→世界の大混乱→各地で武装勢力の争いが起きる→火星での武装勢力の略奪や破壊を止める鉄華団といった流れとかでも良かった様な気もします。
 「火星の王」なんか目指さなくても良かったのに。

 アニメ 三月のライオン
 放送2016/10〜2017/03 全22話 評価7.5(10点満点6点が及第点)
 名だたるマンガの賞を受賞してきた今作ですが、連載10年で待望のアニメ化です。
 満を辞してのアニメ化に原作者がオーダーした監督は魔法少女まどか☆マギカ新房昭之監督。ここ最近は総監督の仕事がメインだっただけに久しぶりの監督復帰となりました。
 人気マンガでしかも放送局がNHK。失敗が許されない中で、極めて堅実な造りのアニメに仕上げました。桁外れの傑作ではないですが、見る人を選ばない好作です。
 今年10月から第2期放送も決定。第6期まで放送したMAJORの様にこのアニメも最後まで製作するべきです。

 放送2017/01〜2017/04 全12話 評価7.0)10点満点6点が及第点)
 2000年代後半にAIRKanonCLANNAD涼宮ハルヒらき☆すた等で一世を風靡しましたが、2010年代に入ってからはどうも迷走している京都アニメーションの新作です。
 単なる萌え系アニメかと思いきや、本質は心に傷を持った者による疑似家族の物語でした。
 とにかくこの作品に出てくる多くのキャラは表面上は明るいし、他人とのコミュニケーションもキチンと取れます。だけど時折見せる心の傷がなかなかエグい。
 疑似家族による幸せな日常と個人個人の苦しみのさじ加減が絶妙で不快感なく見る事が出来るのは流石の京アニとしか言えません。
 2010年代に入ってから迷走を続ける京都アニメーション。この作品も水準以上の質は保っているのですが、セールスはなかなかいい数字が出ません。
 この作品も続編は出来ず、何年か後、誰もがこの放送を忘れた後にブルーレイボックスを発売されるのでしょう。このくらい面白くてもブルーレイは売れない。円盤商法の限界ではないでしょうか。
 

ヴィッセル優勝は難しい

 2017年 J1リーグ 第8節 サガン鳥栖ヴィッセル神戸(1-0)

 精力的に補強して初優勝を狙うヴィッセル神戸。前節は敗戦だったので連敗は避けたい所です。

 ですが、ヴィッセルは物凄くつまらない負け方をしてしまいました。前半の早い時間帯にサガンのパワープレーからのチョドンゴンと豊田の2トップによるワンツーであっさり失点してしまうと、その後は80分間逃げ切りたいサガンのサッカーにお付き合い。

 サガンのフォーメーションの構造上、中盤の底(アンカーと呼ばれるポジション)の脇を狙ったり、大きなサイドチェンジの打開を図ろうとするのですが、中央はしっかりと固められて効果的な攻撃にならないのです。

 ヴィッセルは確かにレギュラーのCB岩波とボランチの藤田は欠場でしたが、代わりに出た選手は北本と高橋秀人。両選手とも経験のあるベテランなのですが、どうにもパッとしないプレーぶり。

 サガンは上手く守りきり上位相手に大きな勝利。ですが、期待の鎌田がロスタイムにGKとの一対一を外したのは大問題。この1点が得失点差に繋がるかもしれないのですから。

 レッズ以外の上位は崩れて早くもレッズ独走のJ1リーグ。まあ、レッズはラスト数節でいつも通りブレーキになると思うので、手の届く勝ち点差をキープし続ければ最後に優勝が手のひらにこぼれてくる可能性は高い。ですが今日のヴィッセルを見る限りそれは難しいと思います。

ベガルタ大ピンチ

 2017年 J1リーグ 第7節 ベガルタ仙台鹿島アントラーズ(1-4)

 前節、浦和レッズに7-0で敗れたベガルタ。今節はJ1リーグ初出場になる日本代表候補ダニエル・シュミットや新外人クリスランを起用して打開を図ります。アントラーズは連戦で疲労困ぱいの中、今期補強した選手をベンチに置いて去年のメンバーでスタメンを構成。

 結論から言えばアントラーズが前半に3得点して勝負あり。ベガルタは今期システムを3-4-2-1に変更して、守備時には5バックになって人数をかけて守るのですが、守れていません。人は確かにいるのです。いるのですが、寄せが甘いのでシュートやスルーパスを簡単に入れられる状態。

 ベガルタは後半、ボランチに富田を投入。すると別チームに変わりました。コーナーキックからクリスランがゴール。その後もパスがある程度通る様になり、チャンスを作ります。ですが、ここで攻めきれないのが今のベガルタ。点を取れないまま時間は過ぎて、ロスタイムにアントラーズが追加点。

 アントラーズは良くも悪くも何時ものアントラーズ。怪我人まみれの中で懸命にターンオーバーしながら選手をやり繰りして懸命に首位に近い順位にいますが、センターバックコンビの昌子と植田が出ずっぱりなのが気になります。どこかで無理にでも休ませないとシーズン終盤まで持ちません。

 ベガルタは前節7-0で今節も4-1。順位がまだ12位なのが救いですが、得失点差のダメージはかなり大きい。期待のダニエル・シュミットも仕方がない部分はあるとは言え、流石日本代表と言うプレーは見せられませんでした。ただ、センターフォワードのクリスランはかなり凄いプレーヤー。ボールが収まり空中戦にも強い。来期は上位クラブに引き抜きも十分ありえます。

きつい

 下痢が止まらない。何で、仕事で怒られた後に家で機嫌の悪い母の怒声を聴かないといけないのか。

無駄金

 昨日は体調が悪くて休みを取っていました。実際にはそこまで体調は悪くはないのですが、先週の半ばから下痢が続けて体重が1キロ近く減り、なお止まらない状態でしたし、そこまで急務の仕事も無かったので思い切って休む事にしたのです。その判断が間違っていたのは5時間後くらいに判明するのですが。
 話は変わりますが私はビジネス用革靴を三足購入しました。長年あるブランドのあるモデルを愛用していたのですが、そのモデルが販売停止になり数年。別のブランドに思い切って刷新しようと考えたからです。そこで私はトンデモナイ勘違いをしてしまったのですが、これは後述。
 ネットの通販サイトで自分のサイズを探していると、あるブランドが目に付きました。「少し値段は張るけど、格好良さそう。思い切ってこれにしよう」。ですが流石に靴を通販サイトで購入するのは危険と思い、ブランドのショップで一足購入しました。
 新品を数日履いてみて、特に問題なしと判断した私はもう二足同じものを通販サイトで注文しました。毎日違う革靴を履いて仕事に行くのは違和感がどうしてもあるからです。
 ですがこの革靴、履き心地は良くても革に問題があるのかわずか数日でつま先に穴が空くというものでした。
 流石に怒りを覚えた私は製造会社に郵送。今後どうするのか聴くことにしました。結果的には、穴は使用によるものであって、修理は公式販売店に行き有償で行って欲しいとの事。なので今日、現品を郵送しました、と連絡がありました。
 そのため、母に明日、郵送していた靴が修理もなく返ってくるので、郵送会社に応対してくださいと話したところ、突然ブチ切れ。
 私は、「古い靴は既に12年履いた靴だから捨てて、新しい靴は問題があっても誤魔化しながら何年か履くよ」と母に何回か話していたのですが、これが私の致命的な勘違い。
 母は「確かに同じモデルを履いていたけれど、何年かおきに買い替えていただろうが。どうしてそんな嘘を付く!」と張り裂けんばかりに叫びました。
 私は12年同じ靴を履いていた、と完全に勘違い・思い込みをしていたのです。購入した店に電話を掛けてポイントカードの番号で紹介してもらったところ、確かに2011年と2012年に購入履歴がありました(それ以前はデータが無かった)。つまり12年で3回くらいは買い替えていたことになります。
 その後の事はよく覚えていません。母の怒りは止まらず何時間も罵声を私に浴びせ続けました。何回も「あんたは思い込んだら、それがあんたの真実になる。間違いは絶対に認めない」と言われました。
 3足で何万もした革靴ですが、もう履くのは止めようと思います。履くたびに母の怒声が聴こえてくるのですから。本当に無駄金でした。

もうしがみつくしかない

 明日から新年度が始まります。

 私は今年度で大卒13年目。今年度が終われば35歳になります。

 35歳って、「おっさん」以外何者でもない年齢ですし、普通ならば子供とか2人くらいいても問題ないはずなのですが、私の人生、酷いもんです。

 しかし、35歳。ここで仕事を辞めたりなんかしたら一貫の終わりです。とにかく必死にしがみついて生き延びていくしかありません。

 政府とかが盛んに宣伝している働き方革命とかどうでもいい。とにかく今日を生き延びて、明日を生き延びて・・・

J2の世界へ再びようこそ!

 2017年 J1リーグ 第5節 大宮アルディージャ鹿島アントラーズ(0-1)

 両チーム共4-4-2のシステムで選手のタイプもほぼ同じとなると完成度の差がそのまま現れる事になりました。

 結果こそ0-1でしたが、アルディージャは点を取れる気配が全く無く、盤石と言い切る事は出来なくともアントラーズのサッカーの圧勝でした。

 アルディージャは期待の右サイドハーフ江坂の突破くらいしかチャンスにならず、ムルジャ・大前の2トップにボールが入りません。

 アントラーズは怪我人まみれでも勝ち点・得失点差が首位と同じで総得点が低いだけの2位になり今後の過密日程を乗り切りさえすれば本当にあっさり優勝しかねません。特にレオシルバのプレーは圧巻。リーグMVPすら夢ではありませんと言うよりもこの調子が続けば確実にリーグMVPです。

 トップ下の家長と左サイドハーフの泉澤が移籍した穴は埋まらないままアルディージャは降格まっしぐら。

 J2の世界へ再びようこそ!

昨日の試合

 2017年 J2リーグ 第5節 横浜FC徳島ヴォルティス(0-2) 2017/3/25(土)

 横浜FCが悪かったと言うよりも徳島ヴォルティスが良かった試合でした。
 ヴォルティスのハイプレスに見事にはめ込まれパスが回らず、また2トップへの楔のパスやロングボールも3バックとアンカーの4人に封じられてしまいました。とにかく2トップへの楔が無いと横浜FCの攻撃は初まらない。
 全くチャンスが無かった訳ではありません。パスを回してシュートを打ったり、直接FKのチャンスはありました。どれか一つでも決まって入ればもう少し違う展開もあったかもしれません。
 私はこの試合を見ながら、2010年のJ2リーグ第4節を思い浮かべていました。当時も上手争いをしている中、ヴォルティスに敗戦しその後は連敗を続けたシーズンです。
 その年は最終的には盛り返して6位でシーズンを終えています。当時はプレーオフは無かったのですが、今年はある。そうなってくれれば嬉しいのですが。

え、私の給料、低すぎ・・・

 3月のお給料が振り込まれたので、今年のお給料を改めて計算してみました。今回の計算では全体の給料から税金や電車の定期代、医療費の還付金などを入れずに「実際の手取り」で計算してみました。
 え・・・私の給料、低すぎ・・・というか20%くらい税金が取られてる・・・
 私は大卒12年目なのですが、たった○○○万円しか貰っていません。初任給みたいな値段ですね。
 結婚もせず、パラサイト生活しているのでなんとか貯金も出来ていますが、これは酷い。
 しかしふと思うのです。テレビや新聞やネットでは「結婚する男性に求める給料は600万円以上」と書かれているのですが、この給料は「額面」と「手取り」のどちらなのでしょうか。
 「額面」で600万円ならば実際の「手取り」は480万(扶養家族はひとまず含まない)くらいでしょう。「手取り」で600万ならば「額面」では800万近く稼がないといけません。
 そんな男、あんまりいないと思うけどなあ・・・

FC東京ばかり見ているBSサッカーファン

 2017年 J1リーグ 第4節 FC東京川崎フロンターレ(3-0)
 前節手痛い敗戦をしたFC東京は水曜日のルヴァンカップで結果を出した阿部拓馬をトップ下に、中島を左サイドハーフに置いて立て直しを図ります。川崎フロンターレはエース大久保が移籍した穴をガンバから獲得した本来サイドハーフ阿部浩之を1トップに配置してより前線からプレスを掛けるスタイルに。
 試合はいつもの様にフロンターレがパスを回して攻撃しF東がパスカットしてカウンターを仕掛けるという展開に。しかし今日のフロンターレはパスが回るのですが、何故か中央攻撃ばかりでF東の守備ブロックに引っかかるシーンが目立ちました。
 少々引っかかってもチャンスは十分作れるフロンターレ。ですが、改めて大久保の移籍のダメージが最後のシーンでまざまざと出ました。誰が最後にシュートを打つのかが全く見えないのです。本来ならば小林なのですが、小林はどちらかと言えばこぼれ球やワンタッチが得意な選手なので、1番にゴールに向かって突っ込む選手がいないのです。
 チャンスを逃していたらF東に流れが巡ってくるのは当然で、カウンターからゴール。その後は前がかりになったフロンターレから追加点で結果的には3-0です。
 3-0とはいえ、実力的な差はそこまでではありませんでした。F東は去年の得点王ピーター・ウタカと大久保の共存も十分出来る事がわかり、いかにして選手を起用していくのかが今後の課題です。フロンターレセンターフォワードがいない問題もありますが、エウシーニョ・エドゥアルド・マイケルジェームズのDFラインの選手が怪我で層が薄い事も心配です。

やはりいつものFC東京?

 2017年 J1リーグ 第3節 ガンバ大阪FC東京(3-0)
 2連勝で期待されていたFC東京でしたが、今日の試合でメッキが剥がれました。
 ガンバの新システムの3-5-2の完成度がそこまで高かった訳ではありません。ですが守備時に5バックになってスペースをしっかり埋められると、FC東京の自慢のアタッカー陣は何も出来なくなり、期待のボランチ高萩も有効なパスを全くに近いほど出せませんでした。
 ガンバは中盤で網をかけてボールを奪ったら素早くカウンター。アデミウソンがドリブルに入ると誰一人止められない状態。後半のラストはGK東口が次々とシュートを止める大活躍。
 FC東京アデミウソンのスーパーゴールにオウンゴールを2本(1つ目は倉田のゴールになりましたが)で3失点。しかもオフサイド取消やポスト直撃、更にはエース大久保のPK失敗と良いところがなし。
 ガンバを長年支えてきた遠藤の運動量の低下を補うための新システムはようやく形が実り始め、やはり今期も優勝争いに絡んできそうです。しかし新システムでは期待の若手
 FC東京はとにかく前で収まらない。マイボールの時間が上手く取れないので、相手にパスで守備ブロックをずらせる選手がいたらかなり厳しいと言わざるを得ません。

モンバルエツ監督って優秀なんじゃ・・・

 2017年 J1リーグ 第2節 横浜マリノスコンサドーレ札幌(3-0)
 経営が上手くいかず、コストカットの結果、ベテラン選手が次々と移籍したマリノスと久しぶりにJ1に昇格したコンサドーレの試合。
 戦力に劣るコンサドーレは5-3-2のフォーメーションで懸命に耐えて0-0の時間帯を長くして一発を狙う、極めてわかりやすいサッカーで対抗します。
 マリノスも守備的なチーム。がっちり守って日本代表で10番でキャプテンの斎藤学の突破力に全てを賭けるだけというサッカー。
 この2チームがぶつかれば当然、守備的な試合になりますよね。前半はボールを「持ててしまう」マリノスコンサドーレの守備ブロックを崩せずに0-0のまま推移します。
 ですが、後半は早い時間にマリノスバブンスキーの技ありゴールで先制すればコンサドーレには逆転する体力はありませんでした。
 マリノスは獲得したバブンスキーヴィエリラの2人がゴール。デゲネクが堅実な守備で勝利に貢献。今日の3ゴールに全て絡んだ大エースの斎藤学への依存度は高いのですが、モンバルエツ監督は意外と優秀なのではないか、と感じる勝利です。
 コンサドーレはやはりJ1リーグはかなり厳しいと言わざるを得ません。
 2トップの都倉とジュリーニョにボールが入ってもなかなかサポートがいない。ミドルパスでミスが出るというのも致命的ですが、特に11本あったCKが一本も入る気がしなかったのは相手がマリノスとはいえかなり厳しい。
 昇格チームで始め5節で勝ち点5を取れないチームは必ず降格するデータがあります。残留ラインはぎりぎりラインが36、安心ラインが40と1試合1勝点くらいは稼がないといけない計算ですから当然といえば当然です。後3試合で1勝2分け以上の成績はかなり非現実的でしょう。
 

冬アニメ2017

 2017年の1〜3月の視聴するアニメ・特撮・ラジオの陣営が決まりました。もう2月も終わりですがコメント付きで。

 冬アニメ2017
 ・仮面ライダーエグゼイド(継続)
 //レベル1を使わない。OPが無い。レベル差をゲーム技術で補うようなこともしない。
 ・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2シーズン(継続)
 //面白い。毎週こんなに楽しみなのは久しぶり。だけど、次はそろそろ「普通」のガンダムを見たいかな。
 ・3月のライオン(継続)
 //面白いけどブルーレイは売れない。NHKなのだから採算をある程度度外視して最後までアニメにしてほしい。
 ・小林さんちのメイドラゴン(新規)
 //京都アニメーションの混乱はここに極まれり。出来が良いのが救い。

 冬ラジオ2017
 ・堀江由衣の天使のたまご
 ・碧と彩奈のラ・プチミレディオ
 ・A&G TRIBAL RADIO エジソン
 ・コムチャットカウントダウン

第1節で既に疲労困憊

 2017年 J1リーグ 第1節 鹿島アントラーズFC東京(0-1)
 天皇杯で元旦まで戦って、先週にはゼロックススーパーカップ、火曜日にはACLだったアントラーズは第1節にも関わらず、既に疲労困憊。
 守ってカウンターを徹底して一発しかない状況なのですが、いつものような切れ味の鋭いカウンターは見ることが出来ませんでした。
 FC東京は今年、精力的に補強してほぼ全てのポジションに日本フル代表・五輪代表経験がある選手が揃いました。
 だけど今日の試合だけで優勝候補として祭り上げるのはやはり反対です。毎年毎年、選手の名前だけなら優勝候補に挙げられても結果はいつも通り万年中位なのですから。
 特に前半はボールが前線に収まらないでカウンターを受けるシーンが結構ありました。アントラーズが外さなかったらかなりまずかった。
 ボールはボランチの高萩とトップ下の東のコンビである程度キープ出来るのですから、もう少し楔のパスに変化がないと下位相手に勝ち点取りこぼしになりかねません。