読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前半のフロンターレは最高だった

 2014年 J1リーグ 第20節 川崎フロンターレセレッソ大阪(5-4)

 風間サッカーが浸透し、超攻撃的なチームカラーが完成系を見つつあるフロンターレと去年のサッカーが嘘のようなセレッソ

 セレッソは降格の危機だというのに、Jリーグ指揮経験のない監督に。しかも、その監督が4-3-3の使ったことのないフォーメーションでプレーさせるという大ミス。前節から基本的な4-2-3-1に戻しましたが、数節のロスが痛い。

 試合は早い時間帯にセレッソが先制。ですが、フロンターレはそれをあざ笑うかのように、パスを回してあっさり逆転。選手の質はあまり変わらないはずなのに、組織の質が、あまりにも違う。

 フロンターレの選手の三角形の作り方は芸術的。少しの動きと少ないタッチのパス回しでフリーの選手を作り、セレッソの攻撃がイマイチだったとはいえ守備時も素早く対応。後半かなりヒヤヒヤしたのがフロンターレらしいですが何とか堪えたのも大きい。

 しかし、セレッソフォルラン買うお金があれば、韓国やオーストラリアの代表クラスを何人も、補強出来たのに…