理想の自分にどうやって勝つ?

 2020年 J1リーグ 第14節 セレッソ大阪浦和レッズ(3-0)

 雑感です。

 きっとレッズはセレッソみたいなサッカーをやりたいのでしょう。

 バランスの良い4-4-2と選手構成。中央をしっかり閉めた守備とシンプルなサイドアタックに変化を付けられる10番。今のセレッソには清武選手がその仕事をしています。

 というより、セレッソの右サイドハーフの坂元が絶好調だったのに相対したレッズの左サイドバックの山中の守備が軽過ぎました。一昨年と去年、2年連続で日本代表に選ばれた選手なのに。

 自分達がやりたいサッカーを1レベル上の段階で相手チームが実現している場合、どうやって勝てば良いのでしょうか。

 前にも書きましたが、レッズにもう少しパスで変化を付けられる選手がいたら質は相当高くなると思うのです。