読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで最下位争い?

 2016年 J1リーグ 第1ステージ 第6節  柏レイソルFC東京(1-0)
 主力選手が次々と抜けた柏レイソルがどれほど酷いサッカーをしているのか楽しみにしていたのですが、何でこのサッカーで最下位争いしているのか理解に苦しむ好ゲームでした。
 GKの中村はFC東京の決定的チャンスを3回止めていましたし(逆にこのチャンスを決めていればFC東京の勝利は間違いなかった)、アンカー大谷のインテリジェンス溢れるプレーは相変わらずですし、右サイドバックの伊藤は素晴らしいドリブル突破の連発でしたし、FWのディエゴオリベイラポストプレーはなかなか奪えない見事なものでした。
 フォーメーションも4-3-3が初期ポジションなのですが、攻撃時には3-4-3に、守備時には4-4-2に変形してそれなりに形になっています。
 FC東京は相変わらず。代表クラスの選手を揃えていいサッカーをしても、決める時に決められない。あまりにもあっさり失点する。この二つの問題が解決されない以上、優勝は不可能でしょう。
 しかし、今日のFC東京の左サイドバック小川、柏レイソルの右サイドバック伊藤の2人の争いは見応えがありました。けが人だらけのリオ五輪代表のサイドバックはこの2人で良いのではないでしょうか。