読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロンターレの今季のリーグは終わった…

 2014年 J1リーグ 第27節 アルビレックス新潟川崎フロンターレ(3-0)

 優勝のためにはもう一敗もできないフロンターレ。中盤にU-21代表のキャプテンの大島が戻って来て久しぶりに本来の姿に。

 しかし、結果は最悪の結末に。アルビレックスの早いプレスにフロンターレはほとんど何も出来ないまま終わってしまいました。アルビレックスの決定力がもっと高ければ更なる大量失点の可能性すらありました。

 新潟の要、レオ・シルバの出来の高さはいつも通りでしたし、センターフォワードの指宿のポストプレーの質は高く、なかなか奪われません。

 今季苦しんでいたアルビレックスはようやく去年の良かった時期が戻って来たよう。逆にフロンターレは今季のリーグ優勝が遠のく敗戦。ナビスコカップで優勝するしかありません。