これではオプションとしては難しい

 サッカー国際親善試合 日本対トリニダード・トバゴ(0-0)

 今日は3バックで試合を開始した日本代表。相手が4-3-3なので、噛み合わせはやたらと悪くディフェンスラインが3対3になるシーンが目立ちました。

 守備時のマークの受け渡しもイマイチで攻撃時の5トップも距離感が悪く5人が綺麗に孤立気味。このままではオプションとして使っていくのは難しいと感じています。

 また、W杯の予選で間違いなく遭遇する引いた相手を崩すためのポストプレーの質を維持できるのは大迫だけというのも辛い。

 残念ですが、今の日本サッカーのセンターフォワードポストプレーが出来ないと起用が難しい状況です。

 後、個人的には伊藤純也は3バックならば右ウイングバックで起用しても良かったのではないかなと思います。

 変に勝って安心するより、スコアレスドローで次に課題を残すくらいの方が良いはずですから。