2018年夏アニメ感想

 アニメ ガンダムビルドダイバーズ

 放送2018/4〜2018/9 全25話 評価5.5(10点満点6点が及第点)
 ガンダムビルドシリーズの第3弾は良くも悪くも極めて無難な出来、悪く言えばマンネリになってしまいました。
 主人公達がガンプラを通して出会い、成長し、そして最後はお互いの全てをかけた戦い。とテンプレ過ぎる展開なのですよね。テンプレが一概に悪い訳ではありませんが、流石に食傷気味になってしまいました。
 またガンプラ宣伝アニメにも関わらず、主人公の盟友ゆっきーと主人公の憧れであるチャンピオンの新型機が第2クールのOPに出ていたにも関わらず、劇中登場が最終決戦だけというのはいかがなものでしょうか。

 放送2018/4〜2018/9 全23話 評価8.0(10点満点6点が及第点)
 前作の再放送の23話で諦めてしまったルートの続編、となると大体において失敗してしまうものですが、最初から最後まで息もつかせぬ展開の連続。そして最終回は前作と見事に繋げて大円団。
 前作、再放送の23話を含めて視聴済みでなければさっぱり話がわからない事ため敷居は高いですが、それを乗り越える価値は充分あるアニメです。
 ピンチになったら橋田至のプログラム・ハッキング技術におんぶに抱っこなのが気になりますが、「いや、ダルだから許す」と妙に納得出来るのはご愛嬌。大満足の半年でした。

 アニメ はねバド!
 放送2018/7〜2018/10 全13話 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 素晴らしいバドミントン描写で1話の段階では今季一の評価を受けていた作品ですが、行き過ぎた原作改変といつまで経っても終わりの見えないギスギス描写によって評価が落ちていったこの作品。
 しかし、私はそこまで酷いとは思いませんでした。確かに説明不足です。ですが構図はシンプルなのですよね。いろんな境遇の娘達がバドミントンを通して自分の道を探していくという成長モノ。
 成長モノとして見れば極めてオーソドックスなストーリー展開なのですよね。そこまで大批判される理由がわかりません。
 最後に。この作品は9月内に終わる予定だったのですが、製作の一部を移管されている北海道のスタジオが地震による停電により作業が出来ず、放送が10月にズレ込むという事がありました。
 改めてアニメ製作は相当ギリギリのスケジュールでアニメ製作をしている事が明るみになった訳で、やはり毎週放送しているアニメは多すぎのではないでしょうか。

 放送2018/7〜2018/9 全12話 評価8.0(10点満点6点が及第点)
 バレーを題材にしたマンガ・アニメはいくつもありますが、ビーチバレーを題材にしたアニメはこれが初ではないでしょうか。
 原作がまんがタイムきらら系なだけあって、萌えの描写は文句なしですし、試合の燃えの描写も及第点と言えるでしょう。ビーチバレーなので水着のシーンがほとんどなのですが、あまりエロくないのも良かった。
 個人的に印象的だったのはメインヒロインかなたの目の描写。最初は自信を喪失して伏し目がちだったのですが、彼女に全幅の信頼を置く主人公はるかに触発されてどんどん自信を取り戻す姿がCVの宮下早紀さんの新人ならではの、たどたどしい演歌からの成長と相まって非常に印象的でした。
 原作のストックをほぼ使い切る形でのアニメ化ですので、2期は相当未来になるでしょう。ですがこれで終わるには正直惜しい。原作のクライマックスに合わせてアニメ2期をスタートさせて同時終了という形を希望します。