読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にサッカーって

 2017年 J1リーグ 第12節 ヴィッセル神戸FC東京(1-1)

 本当にサッカーって面白い。そう思わしてくれる好ゲームでした。同時にヴィッセルもF東も優勝は難しいと感じさせるゲームになりました。

 ヴィッセルはフォーメーションを4-3-3にしてスタートしたのですが、これが大ブレーキ。アンカー高橋の脇を何回も突かれて、永井のゴールで先制されてしまいます。

 ヴィッセルはフォーメーションを4-4-2に戻して必死に選手間の距離を縮めます。

 苦しい試合展開の中、ヴィッセルはウエスクレイを投入。ウエスクレイは相手守備の間でボールを受ける、いわゆる間受けがとても上手く、彼のアシストからヴィッセルが同点に。

 ここからは両チーム共、中盤が空いてお互いがカウンターを打ち合うスリリングな展開に。大味なはずなのに両GKの活躍があり猛烈に面白い。結果的には引き分けで首位争いから一歩後退。

 ヴィッセルはいいサッカーをしているのに、フィニッシュの質が悪くなかなか得点に繋がりません。FC東京はGKと4バック、ボランチの高萩は以外の前の選手の組み合わせの最適解が未だに分からない。この問題が解決されないといつもと同じ中位をうろつく羽目になるはずなのですが。