読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王者サンフレッチェが王者たる理由

 2014年 J1リーグ 第1節 セレッソ大阪サンフレッチェ広島(0-1)

 ウルグアイ代表のフォルラン加入に沸くセレッソと三連覇を目指すサンフレッチェ

 フォルランのようなビックネームは得てしてJリーグを舐めているため、コンディション不良であまり活躍出来ないというケースが結構あるのですが、フォルランはコンディションも悪くなく、チームの連携が取れればゴールを量産しそうな気がします。

 サンフレッチェは開幕から既に怪我人続出。現時点で既に、森崎兄弟、高萩、ミキッチ、清水、柏。試合中にファン・ソッコも怪我で交代と苦しい台所事情ですが、自分達のサッカーが確立されているから、若手に入れ替えても機能する。

 試合はお互いがお互いを研究してなかなかシュートに持ち込めません。しかし、後半はセレッソはガクッと運動量が落ち、足元のパスばかりになりました。そこに、ワンチャンスをモノにする広島の強さ。右ストッパーの塩谷のゴールが決勝点。

 苦しくても、最後は勝つ。これぞまさに王者と言えるサッカー。ワールドカップ中断まで我慢して上位に付ければ、本気で三連覇もありえます。