読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合には納得。レギュレーションには不満。

 2016年 J1リーグ チャンピオンシップ準決勝 川崎フロンターレ鹿島アントラーズ(0-1)
 両チームとも怪我人続出でベストメンバーからは程遠い陣容だったのですが、試合自体はなかなかに見応えのある試合でした。
 いつも通りパスを繋いで攻める川崎フロンターレといつも通りしっかりとした守備からカウンターを仕掛ける鹿島アントラーズ
 お互いの長所がぶつかり合う試合はアントラーズのエース金崎のヘディングで決まりました。
 ここしかない所で決め切る力は流石のアントラーズとしか言いようがありません。逆にフロンターレが負ける時のパターンはこんな形としか言いようがないくらいのパターン。
 どれだけ綺麗なパス回しがあってもここだ一番でものすごい淡白な負け方ばかりしていたら、優勝には手は届きませんよね。ただ、フロンターレはリーグ後半はゴールを決められたのを毎試合の様に取り消ししていたのですから、あまり同情はできません。
 これで風間監督率いる川崎フロンターレのタイトルの望みは天皇杯のみ。リーグタイトルはもともと二位だったのですから潔く切り替えて一月過ごせるかがキーになります。
 でもこれでアントラーズが浦和を破って優勝したら、何のための一年掛けたリーグなのだかわかりません。このレギュレーションは今年で終わりですが、納得感が極めて低いシステムでした。