頑張りました

 2020年 J1リーグ 第15節 FC東京横浜FC(2-1)

 格上のFC東京横浜FCは頑張りました。凄い頑張りました。

 J1屈指のカウンターを武器にするFC東京を相手に横浜FCは守備では4-4-2のスリーラインとリトリート守備を徹底。これでFC東京のエース永井の走るスペースを消しました。攻撃時は相手のハイプレスをかわす後方からの繋ぎを徹底。幸運にも先制点を取った事で完全に術中にはめました。

 前半中に同点にされたとはいえ上々の出来に喜んでいたら案の定後半に手を加えてきます。永井に代えてアダイウトンを入れて4-4-2にする事でマークのズレとプレスを修正。

 こうなってしまうとチーム力の差がはっきり出てしまいます。逆転ゴールで万事休すでしたが、FC東京のシュート精度が高ければ大量失点の可能性もありました。

 とはいえ、横浜FCは今の戦力で出来る最大限の事は出来たと思います。リーグ開始時には4-2-3-1、リーグ再開時には3-5-2、現在は4-4-2とフォーメーションの使い分けの幅が増えましたし、若手選手もある程度起用の目処も立ちました。何人かは今季終了後にステップアップ移籍も可能でしょう。

 一つずつやってチーム力を上げていくしかないのです。