ベルマーレ大ピンチ

 2019年 J1リーグ 第28節 湘南ベルマーレ川崎フロンターレ(0-5)

 曹貴裁監督のパワハラ認定で監督不在の状態が続くベルマーレ。今日はフロンターレにボロボロにされてしまいました。

 試合開始からハイプレスをかけるベルマーレ。序盤こそ慌てたフロンターレですが、結局上手いパスワークでプレスを剥がして前半だけで4ゴール。後半も1ゴール。ベルマーレはDFラインの裏のスペースを突かれ放題でした。

 ベルマーレの問題が根深いのはシュートが1本だった事。フロンターレの素早い4-4-2ブロック形成があったのは事実ですが、もう少しミドルシュートとかあっても良かったですし、せっかくセンターフォワードには長身の山崎がいるのだからパワープレーも一つの手だったかもしれません。

 フロンターレはリーグ3連覇は絶望的。現実的にはリーグカップ狙いとなるでしょう。怪我人だらけでベストメンバーが組めない中でそれでも5位で踏みとどまっているのが凄い。若手を育てながら何とか来期に繋げて欲しい所です。