フロンターレはこれで引き分けは痛い

 2019年 J1リーグ 第14節 川崎フロンターレ浦和レッズ(1-1)

 オリベイラ監督を解任したレッズの相手はいきなり王者フロンターレ。試合は予想通りフロンターレがボールをキープして攻め、レッズはブロックを作り奪ったらカウンター。

 前半は互角に近い戦いだったのですが、後半からはレッズがボールを上手く奪えなくなり、左サイドを突破したフロンターレが先制。後半30分からはレッズの寄せが非常に遅くなり、もうフロンターレがパス回しの練習をしている状態。

 このままフロンターレの勝利かと思っていたのですが、後半ロスタイムのラストプレーのCKでまさかのレッズの同点ゴール。

 フロンターレは最後の最後で痛い引き分け。怪我人だらけの中でリーグ戦10試合負けなしは素晴らしいですが、ここで失った勝ち点2は痛すぎる。レッズは新監督の下でもう一度ネジを締め直しさえすればそれだけで勝ち点を稼げるでしょう。