いい試合だけど、怪我人が出るのは見ていていい気分にはならない

 2019年 J1リーグ 第7節 横浜F・マリノス名古屋グランパス(1-1)

 去年からパスサッカーを志向してようやく結果が付いてきたマリノスと去年の反省を生かして守備にも気を配るようになったグランパスの試合は好ゲームになりました。

 グランパスのしっかりした4-4-2のブロックにマリノスはなかなか縦パスを入れられません。グランパスはカウンターからチャンスを狙いますが、PK以外のチャンスはなかなか生まれず、マリノスはカウンターから同点に。

 後半はスペースが出来てカウンター合戦。ゴール前のシーンが増えますが、お互い精度を欠いてゴールは生まれませんでしたが、大満足の試合です。両チーム共、やりたいサッカーが明確なので見ていて気持ちが良いのですよね。

 ですが、グランパスのGKランゲラックが接触の怪我で前半中に交代というのが残念。グランパスにとって非常に重要な選手なので軽症だと良いのですが・・・