何となくチームになってる!

 2019年 J1リーグ 第2節 ヴィッセル神戸サガン鳥栖(1-0)

 両チーム共、世界的選手が所属しています。が、その選手的選手がいるが故にチームの各ポジションのバランスが非常に悪い。

 ですが、この試合は両チーム共4-4-2にフォーメーションを引いて何とかバランスを取って、それっぽく見える様になっていました。

 試合はビジャのゴールでヴィッセルの勝利でしたが、本当にそれだけの試合でした。とにかくお互い決め手が全く近いほどありません。

 特にサガンはサイド攻撃のパターンすらありません。守備的な選手を起用しているのにあまり守備が強い訳でもありませんし、早めに手をつけないと本当に降格しかねません。

 ヴィッセルは降格の心配はありませんが、ちょっと強い相手には苦戦必至。今日の試合で交代選手を使わない所も気になります。はっきり言って、ビジャ・ポドルスキーイニエスタの3人起用は無理があります。1人外すべきでしょう。