何処が残って何処が落ちるのか。

 2018年 J1リーグ 第34節 鹿島アントラーズサガン鳥栖(0-0)

 ACL争いのアントラーズと残留争いのサガン。お互いとにかく勝って終わらせたい所です。

 序盤はサガンが押し込む時間帯があったのですが、前半20分くらいからはアントラーズのペースが続きました。

 しかし後半の35分くらいからはアントラーズサガンも他会場の状況から引き分けOKのためお互い無理しない展開に。結果、アントラーズは3位でACLプレーオフ権をサガンは14位で自力残留を掴みました。もうあらゆるチームを巻き込んで何が何やらの最終節。

 アントラーズはリーグ3位でACLで優勝、天皇杯もまだ残っている、とこれだけ連戦の中でも安定した強さ。ですが来季はキャプテンの昌子がヨーロッパ移籍が決定的なのでチームの作り直しが必要になります。

 サガンは監督交代でよく自力で残留したものです。システムを4-3-1-2から4-4-2に切り替えて選手のやる事が整理されました。元々、守備が安定しているチームなので大崩れしない事が大きかった。ただ来季は今季不在だったサイドハーフを補強しないといけません。

 最終的にはフロンターレが圧勝した2018年のJ1リーグですが、実力差があまりないチームが足を引っ張り合うというカオスの極みみたいなリーグになっています。いやはや今年も楽しかった。