あー面白い

 2018年 J1リーグ 第27節 サンフレッチェ広島FC東京(1-1)

 両チームが4-4-2のフォーメーションで同じタイプの選手が並び、同じ様なレシピ(森保ジャパンA代表とほぼ同じレシピ)でチームを作っているので各ポジションで激しい局地戦の連発。楽しくない訳がありませんよね。

 お互いが主導権を奪い合い、主導権を奪われたらカウンターの繰り返し。サンフレッチェとしては主導権を握った前半に2点目を取って試合を決めたかった。

 フロンターレに猛追されているサンフレッチェ、最近はなかなか勝ち点を稼げずに下位チームに追いつかれそうなF東。お互いにとって最悪に近い結果になってしまいました。

 しかし、日本代表監督が日本人になりやっとJリーグとリンクしたサッカーになったのが嬉しくて仕方がありません。3ラインのコンパクトなミドルゾーンの守備、サイドを大きく使った攻撃、最後の崩しはダイレクトプレー。原則はシンプルですが輪郭がくっきり見えるのです。

 もっとJリーグも日本代表も私を楽しませてほしいですね。