petit miladyの最高のイベント

 petit milady 5周年スペシャルイベント 「弾けろ!プチパリ・ミュージックアワード!」 昼の部

 人気声優、悠木碧(心の闇が深い)さんと竹達彩奈(30歳になるまで恋愛禁止。今年29歳)さんのユニット、petit milady
 2013年から活動をしているユニットもいつの間にやら5周年。今回のイベントの会場は1stライブの場所、TOKYO DOME CITY HALLです。
 一曲目は1stライブと同じハジマリズム。衣装も1stライブの一番初めに着ていた服をオマージュ。悠木碧は緑、竹達彩奈はピンクの甘ロリです。
 今回はイベントという事で司会に鷲崎健さんを置いた事によりいつものグダグダ感が払拭されました。
 イベントは曲とトークコーナー(関係者の語るpetit miladyのVTR)を繰り返す構成でした。
 VTRのテーマは「大人達はpetit miladyを可愛い声優ユニットとして売り出そうとしていたはずだった・・・!」

 VTR1(petit milady第1シーズン)
 関係者1(プロデューサーらしき女性)「一番初めはとにかく可愛く、というのを前面に押し出したはずでした。可愛いといえば『三ツ矢サイダー』みたいな。だからサイダーな曲を作りました」
 関係者2(ラジオ番組の構成作家らしき男性)「一番初めはとにかく可愛く。面白さなんかいらない。エッチなんてとんでもない」
 VTRを見て、
 鷲崎健「いや、一番初めのニコ生から既にホモォだったぜ、二人とも。真面目な悠木とおバカな竹達という組み合わせがいつのまにか、おバカな竹達とクレイジーな悠木になってんぞ」

 2曲目、100%サイダーガールでは悠木碧のスカートを止めていたリボン?が落ちそうになり、歌を中断するアクシデントも。
 VTR2(petit milady第2シーズン)
 関係者1「転機になったのはハニワの被り物をした時。サブカルや着物などに手を出したのもこの頃。おしゃれアーティスト路線を目指しました」
 関係者2「急に二人が日焼け止めの塗り方について議論したり、ALI  PROJECTの宝野アリカさんに来てもらったりとおしゃれアーティストの路線を目指していたのかな」
 VTRを見て、
 鷲崎健「日焼け止めにこだわるのはおしゃれか?というか君らの関係者はプロデューサーと構成作家しかいないのか?」

 VTR3(petit milady第3シーズン)
 関係者1「大人といえば峰不二子峰不二子といえば盗む、盗むといえば怪盗、怪盗といえば警部。なので小山剛志さんに警部役を演じてもらいファンタスティックファントムを作りました」
 関係者2「あの頃は大人路線を目指したのか、たかはし智秋さんにバストの作り方を学んだり、悠木さんは『今まではママに耳かきしてもらっていたけれど、始めて自分でやりました』。竹達さんは『始めてpetit miladyとアルファベットで書きました』。二人とも、言わされてたんじゃないかな・・・」
 VTRを見て、
 鷲崎健「プロデューサーは考えがあるのか、ないのか。さっぱりわからない」
 悠木碧「プロデューサーは気分屋でなぁ。その時にやりたいことを全部やろうとするんよ」

 VTR4(petit milady第4シーズン)
 関係者1「いろいろやった結果、もう二人を野放しにしてみた。一番初めの小さな淑女というのは一体何だったのか」
 関係者3(ダンスの先生らしき男性)「ユニークな振り付けを心がけているが、一番こだわっているのはガニ股。真っ直ぐの所をあえて外している」
 関係者2「いつの間にか、ラジオでは普通の言葉だからエッチじゃないもん、のコーナーが人気になってしまいました。『しこたま頑張る』とかイキイキと話す2人。可愛い声優ユニットというはどこに消えたのか・・・」
 VTRを見て、
 鷲崎健「お前ら、頭おかしいぞ!?」

 全ての人が忘れていましたが、今日のイベントはミュージックアワード状のイベント。トロフィーを貰い、
 竹達彩奈「トロフィーは人を○せるくらい重いので、どこに置こうか迷います」
 悠木碧「ツボを押すのにちょうどいいので、じゃんじゃん押して行こうと思います」
 鷲崎健「本番中だぞ!」
 
 流石にふざけ過ぎたのか、真面目に
 悠木碧「どんなに無法地帯になっても、集まってくれるファンは有難い」
 竹達彩奈「どんなにふざけても生暖かく見守ってくれるファンがいるからやっていける」
 と綺麗にまとめました。
 ここからはライブコーナー、の前にXX年後のプチミレディいや、オバミレディのVTR。オバミレディとなった2人は既婚で孫あり、というのに2人の本当の思いがありました。

 ライブコーナーは充実の一途。キラリキラリやアズライト、MaCherieといった定番曲にA or A!?といった新曲を混ぜて文句なし。トークコーナー含め全14曲ながら納得の選曲でした。
 悠木碧のライブ中の水分補給はカラダカルピス、竹達彩奈のライブ中の水分補給はスロートコートと体を労っているのかいないのか。
 10/27には初のオーケストラコンサートも決定。まだまだpetit miladyの解散は遠いみたいです。場所は東京芸術劇場コンサートホール。
 悠木碧ワルプルギスの夜みたいなパイプオルガンがあるんですよね?」
 竹達彩奈「ハロウィン間近だからコスプレしたい。」
 
 イベントは14時半から始まり16時半終了。今まで散々ライブを批判してきましたが、鷲崎さんのツッコミに助けられたとはいえ、やれるじゃないですか。凝った演出とかいらないのですよ。
 petit miladyの曲を聴きながら、シーズン毎に違いはあれど、一貫したテーマを感じました。それは、「辛いことも楽しいことも沢山あったしこれからもあるけれど、あなたと会えたことが私の幸せ。願わくば、次の人生でもあなたと会えますように」だと思います。あなたというのは女性同士なのか男女なのか(悠木さんが男性役になる)、はたまた別の関係なのかは歌によって違いますが、2人が好きなセーラームーンの世界を変形させたものなのですよね。
 今後もpetit miladyは変化すると思いますが、この基本だけは変えないで欲しいと願います。