退場は厳しかったですが

 サッカー ロシアW杯 マッチナンバー16 コロンビア対日本(1-2)

 開始3分のPKと退場で日本がだいぶ有利になりました。これで勝てなかったら何をやっても勝てません。

 ですが、それを差し引いてもコロンビアはおかしかったです。大迫や乾は裏を取り放題でしたし。

 日本代表の「自分達のサッカー」は人数をかけた連動した守備と丁寧にパスを回しながら相手の陣形を揺さぶって上背はないけれどスピードのあるアタッカーが裏取り。これがスタンダードになるのでしょう。もちろんデュエルでもう少し勝てないと上は目指せませんが。

 本田・岡崎・長谷部が居なくなるであろう2018年8月からの日本サッカーのアイコンは柴崎岳になるのでしょう。的確にパスを捌く背番号7には頑張ってもらわないと困ります。