ミッチェルさんが今までにない辛辣

 2017年 J1リーグ 第17節 アルビレックス新潟ジュビロ磐田(0-2)

 好調なジュビロと降格まっしぐらなアルビレックスの試合です。

 最下位のアルビレックスがどれほど酷いサッカーをしているのか、と思っていたのですがこれが悪くないのです。

 ですが、ジュビロの2ゴール目が決まってからは心が折れたプレーに。みるみるプレーの質が落ちていって、首を傾げながら走り回る矢野貴章が可哀想に見えてきます。

 ジュビロは5-2-3のフォーメーションで3トップの右ウイング、大ベテラン中村俊輔が自由に動き回って攻撃をリードするシステムが完成。中村俊輔をサイドで起用するのは守備が乱れるデメリットも大きいのですが、周りの選手が俊輔のためにポジションを上手く調整してカバーするのが自然に出来ています。

 アルビレックスは悪くないけれど、今更ながら長身FW指宿をジェフに移籍させたのはミスだった様な気がします。今のアルビレックスには苦しい時にパワープレーが使えないのが痛い。悪くないが続いて気が付いたら降格というパターンになりそうです。