読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはりいつものFC東京?

 2017年 J1リーグ 第3節 ガンバ大阪FC東京(3-0)
 2連勝で期待されていたFC東京でしたが、今日の試合でメッキが剥がれました。
 ガンバの新システムの3-5-2の完成度がそこまで高かった訳ではありません。ですが守備時に5バックになってスペースをしっかり埋められると、FC東京の自慢のアタッカー陣は何も出来なくなり、期待のボランチ高萩も有効なパスを全くに近いほど出せませんでした。
 ガンバは中盤で網をかけてボールを奪ったら素早くカウンター。アデミウソンがドリブルに入ると誰一人止められない状態。後半のラストはGK東口が次々とシュートを止める大活躍。
 FC東京アデミウソンのスーパーゴールにオウンゴールを2本(1つ目は倉田のゴールになりましたが)で3失点。しかもオフサイド取消やポスト直撃、更にはエース大久保のPK失敗と良いところがなし。
 ガンバを長年支えてきた遠藤の運動量の低下を補うための新システムはようやく形が実り始め、やはり今期も優勝争いに絡んできそうです。しかし新システムでは期待の若手
 FC東京はとにかく前で収まらない。マイボールの時間が上手く取れないので、相手にパスで守備ブロックをずらせる選手がいたらかなり厳しいと言わざるを得ません。