読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンバルエツ監督って優秀なんじゃ・・・

 2017年 J1リーグ 第2節 横浜マリノスコンサドーレ札幌(3-0)
 経営が上手くいかず、コストカットの結果、ベテラン選手が次々と移籍したマリノスと久しぶりにJ1に昇格したコンサドーレの試合。
 戦力に劣るコンサドーレは5-3-2のフォーメーションで懸命に耐えて0-0の時間帯を長くして一発を狙う、極めてわかりやすいサッカーで対抗します。
 マリノスも守備的なチーム。がっちり守って日本代表で10番でキャプテンの斎藤学の突破力に全てを賭けるだけというサッカー。
 この2チームがぶつかれば当然、守備的な試合になりますよね。前半はボールを「持ててしまう」マリノスコンサドーレの守備ブロックを崩せずに0-0のまま推移します。
 ですが、後半は早い時間にマリノスバブンスキーの技ありゴールで先制すればコンサドーレには逆転する体力はありませんでした。
 マリノスは獲得したバブンスキーヴィエリラの2人がゴール。デゲネクが堅実な守備で勝利に貢献。今日の3ゴールに全て絡んだ大エースの斎藤学への依存度は高いのですが、モンバルエツ監督は意外と優秀なのではないか、と感じる勝利です。
 コンサドーレはやはりJ1リーグはかなり厳しいと言わざるを得ません。
 2トップの都倉とジュリーニョにボールが入ってもなかなかサポートがいない。ミドルパスでミスが出るというのも致命的ですが、特に11本あったCKが一本も入る気がしなかったのは相手がマリノスとはいえかなり厳しい。
 昇格チームで始め5節で勝ち点5を取れないチームは必ず降格するデータがあります。残留ラインはぎりぎりラインが36、安心ラインが40と1試合1勝点くらいは稼がないといけない計算ですから当然といえば当然です。後3試合で1勝2分け以上の成績はかなり非現実的でしょう。