読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1節で既に疲労困憊

 2017年 J1リーグ 第1節 鹿島アントラーズFC東京(0-1)
 天皇杯で元旦まで戦って、先週にはゼロックススーパーカップ、火曜日にはACLだったアントラーズは第1節にも関わらず、既に疲労困憊。
 守ってカウンターを徹底して一発しかない状況なのですが、いつものような切れ味の鋭いカウンターは見ることが出来ませんでした。
 FC東京は今年、精力的に補強してほぼ全てのポジションに日本フル代表・五輪代表経験がある選手が揃いました。
 だけど今日の試合だけで優勝候補として祭り上げるのはやはり反対です。毎年毎年、選手の名前だけなら優勝候補に挙げられても結果はいつも通り万年中位なのですから。
 特に前半はボールが前線に収まらないでカウンターを受けるシーンが結構ありました。アントラーズが外さなかったらかなりまずかった。
 ボールはボランチの高萩とトップ下の東のコンビである程度キープ出来るのですから、もう少し楔のパスに変化がないと下位相手に勝ち点取りこぼしになりかねません。