読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井監督って優しい人だけど

 2016年 J1リーグ 第1ステージ 第17節 鹿島アントラーズアビスパ福岡(2-0)
 中村憲剛が抜けたダメージでアビスパに勝てなかったフロンターレと、カイオ・昌子が抜けても問題なくアビスパに勝ったアントラーズ。これがシルバーコレクターと常勝軍団の差なのかな、と感じた試合になりました。
 アントラーズはボールを散らしてサイドバックの裏を狙い、ちょっと詰まったらコーナーキックを奪うという意識がはっきり。守備でも前からタイミング良くプレスをかけて、アビスパのエース・ウェリントンを植田とブエノで上手く受け渡しほとんど仕事をさせませんでした。
 決して安定感があったチームではないのですが、第1ステージ優勝してしまうのが、アントラーズアントラーズたる所以。多分この優勝が次の黄金時代の始まりとなるのでしょう。
 この試合の後にチームを離れる青木・ジネイを投入する石井監督は優しい人ですが、勝負師としてはちょっと疑問が付きました。もっと厳しい場面で優しさが出てしまったら・・・