読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんで、Jで出来る事が出来ない?

 サッカー 東アジア選手権 日本対北朝鮮(1-2)
 一時代前とは違い、Jリーグの強豪クラブの外国人選手への依存度は下がっています。
 サンフレッチェミキッチ、レッズはベンチにズラタンFC東京は夏のマーケットで獲得した2選手はまだフィットしていないため、基本日本人のみ。ガンバは例外でパトリックがいますが、過去のエースFWほどではありません。
 なのに、何故日本代表ではまともなサッカーが出来ないのでしょうか。見ていて個人の質も組織の質も感じられません。
 そもそも4-2-3-1で3の中央に武藤や柴崎のような中盤タイプ(?)を起用して両サイドハーフがウイングの位置でプレーするなんて、どこのチームがしていますか?武藤は左ウイング、柴崎はボランチでしょう。
 ウイングで起用された宇佐美も永井も本来はセカンドトップで川又の近くでプレーさせるべきなのに、サイドでは良さが出ません。
 サイドにはサイドの選手を、センターにはセンターの選手を起用するべきです。何でセンターの選手をサイドで、サイドの選手をセンターで起用するのでしょう。
 ロングボールの弱さも相変わらずで、もうアホかと。宇佐美に変えて柴崎投入の時点で5バックに切り替えて5-4-1にするべきでした。
 Jリーグで当たり前に出来る事が日本代表では出来ない。この問題は根が深そうです。