読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盛り上がらない

 2015年 J1リーグ 1stステージ 第16節 ヴィッセル神戸浦和レッズ(1-1)
 1stステージ優勝目前の浦和レッズ。今日の試合は監督が名将ネルシーニョに変わったのですが、なかなか勝ち点を伸ばせないヴィッセル神戸です。
 レッズはいつも通りのペドロヴィッチスタイルのサッカー。4年目だけあってスムーズです。今季のヴィッセルはシステムをレッズと同じ3-4-2-1に変えたのですが、なかなかスムーズに移行できません。去年、一時的とはいえ首位に立ったハイプレスは消えてしまいました。
 それでもチャンスを作っていたのはヴィッセルクロスバーとポストを叩くシーンが一回ずつあるなど、悪くないのです。でもそれが単発で終わってしまう。その理由は3バックの選手が全員マークは強いのですが、足元が下手でまともなビルドアップが出来ないから。
 ヴィッセルがチャンスを失っていたら、首位のレッズが見逃すわけがありません。中盤のパス回しをインターセプトして速攻。梅崎のゴールで先制します。ここもヴィッセルのビルドアップのミスです。
 ですが、レッズは宇賀神が退場。ここで守備時のシステムを5-3-1にしたのがまずかった。サイドの守備が崩れてそこから反撃を受けて同点にされてしまいます。その後は4-4-1に切り替えてなんとか引き分けに持ち込んで1stステージ優勝に。何か盛り上がりに欠けます。
 レッズは今期のACLでの失態を考えると、無敗での1st・2nd・プレーオフ完全優勝をしてようやく割に合うといった処でしょうか。ヴィッセルは個人的には10番の森岡に期待しているのですが、このままでは代表復帰は難しいと思います。