読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地位が人を作る

 2015年 J1リーグ 1stステージ 第10節 ベガルタ仙台FC東京(2-3)
 ベガルタは鎌田・渡部・上本とセンターバックの選手が出場停止や怪我で欠場。サイドバックのレギュラーである石川と多々良が入りました。
 序盤はベガルタペース。それはFC東京の前田と東が絶不調でボールがキープ出来ないから。二人の絶頂期を知っているだけに正直に言って、見ていて辛いですよね。
 しかし、勝ったのはFC東京ベガルタのPKを止めて流れを引き寄せた後は太田の完璧なフリーキックから森重。武藤がPKとスーパーゴールで3得点。
 これでFC東京はレッズと勝ち点が同じ2位キープ。ですが、後半43分からの2失点を見る限り優勝する実力は無いように思います。
 ベガルタは2011年の4位、2012年の2位の時のチームが完全に崩壊したと言わざるを得ません。しっかり守ってからのカウンター戦術は変わらないのに守れなくなっています。
 FC東京はやはり武藤。今日も攻守に去年の今頃、まさかここまでの選手になっていると誰が考えていたでしょうか。
 特に去年、代表に選ばれてからの成長は凄いとしか言いようがありません。まさに「地位が人を作る」。夏には欧州に移籍なのでしょう。