読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずアギーレ体制に安堵

 サッカー国際親善試合 日本代表対オーストラリア代表(2-1)
 システムを4-3-3から使い慣れている4-2-3-1に変更して多くの選手が蘇りました。特に香川が大分良くなりましたね。
 ただ、相変わらず、「サイドハーフが中央に絞りすぎたり、戻りが遅かったりで相手のサイドバックがフリーになる病」は変わりませんね。
 ロスタイムのケーヒルの得点はケーヒルが凄かったのではなく単純にクロスを上げさせてしまった本田のミス。この問題は何とかしないといけません。