読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進路は重要です

 2014年 J1リーグ 第24節 鹿島アントラーズ横浜マリノス(1-0)

 同じフォーメーション。同じタイプの選手を並べているはずなのに、どうしてこんなに完成度の差が出るのだろう、と疑問が出るほどアントラーズが圧倒した試合でした。

 アントラーズがいつも通りのパス回しでマリノスを圧倒。マリノスはシュートが1本しか打っていないと思います。派手なプレーは無いのですが、それでも1-0で勝つ。とにかくアントラーズらしさ炸裂。

 マリノスが上手くいかなかったのは1トップの伊藤翔ポストプレーも裏への飛び出しも何も出来なかった事に尽きます。19歳の時には日本の次代のエースと言われていたのにここで終わるなんて悲しくて仕方がありません。

 進路はフランスのグルノーブルではなくて浦和レッズにしておいた方がまだ良かったのでは?