読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代表代表うるさくない試合

 J1リーグ 第14節 鹿島アントラーズ徳島ヴォルティス(1-0)

 若手を積極的に育てて、次のサイクルに入りつつあるアントラーズとJ1で苦しい戦いが続くヴォルティスの試合はW杯中断前のリーグ最終戦です。

 アントラーズは人が代わってもいつも通りのサッカー。トップに起用された赤崎はサイズはありませんが、動き出しの質が高く前半24分にゴール。ヴォルティスは5バックで守っていたのですが、これだけサンドバック状態では耐えられません。

 とにかくヴォルティスは選手のパス・トラップの技術が低く、ボールをキープ出来ないから全体を押し上げられないため、エースの高崎と周りの選手の距離感が悪い。

 しかし、私が気になったのは点を取られた後の試合運びです。失点した後に取り返そうとして前に出てカウンターを浴びるシーンが何回もありました。失点しなかったから良いものの、2失点目を受けたら終わりなのですから、もっと慎重に行くべきなのに。

 アントラーズのサッカーを見るたび、どうしてアントラーズを作ったジーコは日本代表をアントラーズに出来なかったのか疑問に思います。