読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランパス大ピンチ

 2014年 J1リーグ 第8節 ヴァンフォーレ甲府名古屋グランパス(2-0)

 戦力に恵まれず苦しい戦いが続くヴァンフォーレと怪我人続出で戦う前からボロボロのグランパスの試合です。

 試合はヴァンフォーレの数少ない得点方法であるセットプレーから先制しました。

 グランパスはメンバーのやりくりに精一杯。攻守のバランスも上手く取れないのも仕方がないという状態です。

 苦しい中、二失点目は楢崎がまさかのファンブル。更にケネディがPK失敗。グランパスは本当にボロボロでした。