読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ続く

 2013年 J1リーグ 第31節 ベガルタ仙台浦和レッズ(3-3)
 この試合に勝てば首位のレッズ。ベガルタはレッズの特殊フォーメーションに合わせることなく自分達のサッカーで迎え撃ちました。
 しかし、それが裏目に。数的優位を各ポジションで奪われてしまいます。ですがレッズは、リードしていたにも関わらずロスタイムに失点しドロー。
 レッズはスーパーセーブの後に凡ミスをしてしまうGK山岸の不安定とMF原口が交代の時に見せた不満げな顔。
 原口選手の才能は日本代表スタメンと変わらないモノを持っているのですが、このままでは「実力はあるがキレやすいので使いにくい選手」で終わってしまいます。