読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも失点

 サッカー国際親善試合 日本代表対ガーナ代表(3-1)
 主力選手のいないガーナ、しかも後半足が止まった状態の相手に3点取ったのはあまり参考になりません。
 むしろ、あまりにもあっさり先制点を許した事について、もっと突き詰めるべきでしょう。
 そして、3バックを本当にやりたいのならばこの後の全強化試合を3バックで行うくらいの覚悟がなければ使える段階にはならないと思います。
 この2試合で改めて本田依存が見えてしまいました。それが収穫でしょうか。