いまさら映画二本

 映画 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010
 評価6.5(10点満点6点が及第点)
 無茶苦茶なディケイドとらしいW。両方とも「テレビシリーズの延長」であることを思わせます。最後まで鳴滝の正体がわからなかったのはいかがなものかと思いますが、おおむね満足。


 映画 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
 評価6.0(10点満点6点が及第点)
 CGやワイヤーアクションがいまいちウルトラマンと馴染まないのは仕方がありません。べリアルやゼロの適当な使い方も許せる範囲です。「光の国」組が全員集合なのは良いですよ。だけどなんで、平成ウルトラマンがほとんど出演していないのか。
 今の子供たちが昭和ウルトラマンなんか見ているのか。私自身もリアルタイムで見たのは平成ウルトラマンからですし。ゼアス・ティガ・ガイア・アグル・コスモス・ネクサス(ノア)・セブンXといればもっともっと評価出来たのに。


 両作品に共通していることは、「時代の一区切り」を付けたことです。仮面ライダーWは放送中ですが、まだ平成シリーズは続くでしょうし、ウルトラマンはこれからの展開に対しての布石となる映画でした。