後半から見たので雑感です

ゼロックススーパーカップ2018 川崎フロンターレ対セレッソ大阪(2-3) 天皇杯で優勝してから40日くらいしか経っていないのため、コンディション調整に苦しんでいると思いきや、セレッソの充実が目に見えてわかる試合でした。 レギュラーだけではなく、今期獲…

自分の人生なんだったのだろう

自分の人生なんだったのだろう。 私は両親から子供の頃に受けた暴力を最終的には許せれないし、いくら泣いても止めて貰えませんでした。 逆に両親は調子が悪い時に私が何も家事の手伝いをしなかった事を許すつもりは無いようです。 いつまで経っても、ここか…

ああ、やっぱり・・・

落とし穴にハマりました。 上手く生き続ける訳がない事なんてわかっていたのに。

電撃25周年祭

DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018(ライブビューイング) 2012年の20周年祭の時には泣きたくなるくらい感動したのに、25周年祭のこのガッカリ感は何でしょうか。 前回は2日に分けて公演(私が行ったのは2日目)だったのですが、今回は1日だっ…

上手くいっているはずなのに

上手くいっているはずなのに。 だけど、きっと直ぐそばに落とし穴が待っている。 きっと直ぐに上手くいかなくなる。いつもの様に。

天皇杯決勝2018

第97回天皇杯決勝 セレッソ大阪対横浜マリノス(2-1) 戦力に劣るマリノスは耐えて耐えてカウンターに活路を見いだします。 前半早い時間帯に幸先よく先制点を奪ったマリノスは狙い通りの我慢比べに持ち込みます。セレッソはパスやプレスのタイミングがイマイ…

2017年秋アニメ感想

アニメ Infini-T Force 放送2017/10~2017/12 全12話 評価7.0(10点満点6点が及第点) タツノコプロの往年のヒーロー、ガッチャマン・ポリマー・テッカマン・キャシャーンが同じ画面で戦うという夢の様な企画です。 始めはこのCG、FF7やFF8みたいなデザインだ…

コミケ93

コミックマーケット93に行ってきました。本来なら3日目に行くべきなのですが、今年はいつも行くサークルが出店しないということで、どうせ壁サークルは買えないし、同人誌専門店で買うしという訳で久しぶりの2日目参加です。 前にも書いたと思うのですが、企…

ポドルスキとは何だったのか

第97回天皇杯 準決勝 ヴィッセル神戸対セレッソ大阪(1-3延長) 外国人選手が帰国して全員日本人のヴィッセルと、山口、杉本と代表選手が怪我で離脱、清武(スタメン)、柿谷(ベンチ)が怪我明けと中心選手がボロボロのセレッソ。 戦力で劣ると判断したヴィッセル…

秋アニメ2017

2017年の10〜12月の視聴するアニメ・特撮・ラジオです。もう冬ですが・・・ もっと早く書きたかったのですが、あれやこれやで遅くなりました 秋アニメ2017 ・仮面ライダービルド(継続) //始めはどうなることかでしたが、今は面白くて仕方がない。 ・3月のラ…

これが実力・・・

サッカー E-1選手権 日本代表対韓国代表(1-4) 相手が少し強くなるだけでここまで無残なサッカーになるのが今の日本代表の実力です。 韓国は一時代前みたいな荒いファウルもそれほどなく、そもそもJリーグでプレーしている、もしくは過去していた選手が多くや…

雑感で

東アジアカップの中国戦、後半からなので雑感で。 とにかく選手通しの距離が遠すぎてセカンドボールを取られすぎでした。中国相手にこれだけセカンドボールを取られるならば、W杯の相手にはサンドバッグ状態になる事は覚悟しないといけません。 ただ、交代で…

プチミレディはラジオとライブでどうしてここまで違うのか

petit milady 4th LIVE 「ラ・プチミレッタ〜小さな淑女の童話歌劇」 悠木碧と竹達彩奈の人気声優ユニットpetit miladyの4thライブ。 ライブ内容は大幅に良化しました。童話歌劇編(そう。このライブは童話歌劇編と長いアンコール編の2部構成でした)では、1枚…

このままでは間に合わない

サッカー 日本代表対北朝鮮代表(1-0) サッカーは攻撃は早く攻めるかパスを繋いでゆっくり攻めるか、守備は前からプレスに行くか引いてブロックを作るか、の選択です。もちろんどんな局面でも強いチームはありますが、基本的にはどちらかが上手いチームはどち…

ことはゆ、のイベント2017

寿美菜子・早見沙織・悠木碧の「ことはゆ」 15:00〜15:52 公開録音2017 18:00〜19:45 こたびもスペシャル 毎月第1月曜日にニコニコ動画で放送しているラジオ・ことはゆの年末イベント。 去年はクリスマス放送を12月になってから急遽イベントに変更したため、…

アントラーズ何してるの・・・

2017年 J1リーグ 第34節 ジュビロ磐田対鹿島アントラーズ(0-0) アントラーズは勝てば優勝だったのに、一体何をしているのだか。 ただ、リーグ最少失点のジュビロの粘り強い守備を最後まで崩れる様子がなかったのも事実です。 今日のアントラーズはどうもおか…

これはわからない

2017年 J1リーグ 第33節 浦和レッズ対川崎フロンターレ(0-1) 浦和レッズはACL決勝から6人メンバーを変更しましたが、そこまで悪いサッカーではありませんでした。 休養十分なフロンターレ相手にボールを保持して攻めるシーンも多かった。だけど、パスが一つ…

もつれる

2017年 J1リーグ 第33節 鹿島アントラーズ対柏レイソル(0-0) この試合で勝てばJ1優勝のアントラーズ。ですが、レイソルの意地が阻みました。 レイソルは2011年のJ1優勝時のダブルボランチ大谷・栗澤のコンビが先発。今期は栗澤は若手起用のためほとんど出番…

浦和バカ一代、ここに極まれり。2回目。

2017年 ACL 決勝2ndレグ 浦和レッズ対アルヒラル(1-0) アルヒラルがとにかく強くセカンドボールを取られすぎ。レッズはひたすら相手のシュートに体を張るシュートブロックを繰り返すばかり。 だけど、ゴールを決めないと負けるという状況になって後半も半ば…

好きにするって大変な事

今更ながら夏休みをようやく貰い、今日は新海誠展に行って来ました。しかし、平日なのに人がわんさか。平日の昼間から一体みんな何をしているのか(私含む)。 子供騙しだろとか行く前は思っていましたが、実際はきちんとした展覧会で、アニメ製作がどう行われ…

アントラーズ有利は変わらないけれど

2017年 J1リーグ 第32節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪(1-0) ここに来てようやくベストメンバーが揃ってとにかく三連勝で奇跡を待ちたいフロンターレとけが人だらけで今期で長谷川監督の退任が決定しているガンバ。 試合は圧倒的にフロンターレペース。いつ…

盛りだくさんな日曜

映画 ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜 評価7.5(10点満点6点が及第点) 2014年、2015年に放送されたアニメシリーズの続編です。 今回は原作のココア帰郷編をベースにストーリーを構築(劇中はおそらく夏休みの設定)。 内容はいつも通りのごちうさ…

腹をくくれますか?

サッカー国際親善試合 ブラジル代表対日本代表(3-1) 日本代表は現時点でのベストメンバー。この試合でどれだけ世界のトップと戦う事が出来るかを見たかったのですが、早い時間帯にPK取られたら試合になりませんよね。 単に相手が力を抜いてやっていた部分も…

ドラマティック病の川崎フロンターレ

2017年 ルヴァン杯 決勝 セレッソ大阪対川崎フロンターレ(2-0) フロンターレらしい散り方でしたね。結果的にファーストプレーで失点したのが全てになってしまいました。 ボールを繋いで崩すフロンターレにしっかりブロックを作って守るセレッソという構図が…

苦しむアントラーズ

2017年 J1リーグ 第31節 コンサドーレ札幌対鹿島アントラーズ(1-2) 苦戦が続くアントラーズ。今日も見事に大苦戦。先制するまでに散々苦戦して、先制したのに追いつかれて何とか勝ち越す始末。 とにかく今日はコンサドーレのジェイに苦戦しました。いや、元…

天皇杯雑感

川崎フロンターレ対柏レイソル(0-1)をある程度みたので雑感を。 フロンターレが負けるパターンがモロに出てしまいましたね。パスは回るのですが、シュートが打てずにカウンターを受ける。 このシーンがとても多かった。ただ、レイソルのクリスティアーノの単…

自分でも何故行ったかわからないけど

ミュージックレインフェスティバル 2017 理由は自分でもわかりませんが、ライブビューイングのチケットを購入して見に行きました。 ライブビューイングで私が行った会場は妙にガラガラ、当日券も買えるくらいで、雨の影響がモロにあったと言わざるを得ません…

雲行き怪しく

2017年 J1リーグ 第30節 横浜マリノス対鹿島アントラーズ(3-2) 怪我人まみれで久々の先発、そもそも久々の公式戦という選手が何人もいるマリノスではアントラーズは止められないだろうと思っていたのですが、いやはや何が起こるかわからないですね。 大雨で…

レッズはよくこれでACL

2017年 J1リーグ 第29節 浦和レッズ対ヴィッセル神戸(1-1) 中位で苦しむ両チーム。今日の試合を見る限り仕方がないな、と思わざるを得ません。 レッズは前線の興梠にボールが全く収まりません。システムを4-1-4-1(4-3-3)に変更しましたが、ズラタンを右サイ…

2017年夏アニメ感想

アニメ レクリエイターズ 放送2017/4〜2017/9 全22話 評価6.5(10点満点6点が及第点) アニメ製作会社TORYCAの新作はデビュー作アルドノア・ゼロと同じ様に非常に惜しい作品になってしまいました。 アニメやゲームのキャラクターが現代日本(2016年)に現れると…